Arctic Environment Research Center

ホーム>研究・観測活動>極地の過去から「地球システム」のメカニズムに迫る ─第四紀の極地環境・大気組成変動の高精度・高時間分解能復元─

研究・観測活動

極地の過去から「地球システム」のメカニズムに迫る
─第四紀の極地環境・大気組成変動の高精度・高時間分解能復元─

2008年4月1日より国立極地研究所のフラッグシッププロジェクトとして、先進プロジェクト研究「極地の過去から『地球システム』のメカニズムに迫る~第四紀の極地環境・大気組成変動の高精度・高時間分解能復元~」が始動しました。本プロジェクトの研究目的は、南極氷床ドームふじ深層コア、および新たに掘削された北グリーンランド氷床深層コア(NEEMコア)の解析と、南極の陸上から海底にかけての地形・地質の調査により、第四紀後期における南北極域の気候変動や大気中の温室効果気体変動、南極氷床変動、南大洋の環境変動の時系列記録データを明らかにして、既存の古環境データと合わせて解析することにより、気候システムの理解と地球環境変動予測の高精度化に貢献することにあります。

地球環境システムの構成要素と研究対象地域

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 国際北極環境研究センター
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3 (交通アクセス) / E-mail:aerc-kikaku@nipr.ac.jp