大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

ドローンによる海氷調査

2018年4月29日

ドローンと岩島

昭和基地は「東オングル島」という島に位置し、南極大陸とは直線距離で約4km離れています。そのため、南極大陸に上陸するには海を通らなければなりません。

砕氷船「しらせ」が昭和基地の近くで活動している時は、搭載されているヘリコプターを利用して大陸に直接移動することが可能ですが、越冬中にはヘリコプターはありません。

そのため、越冬中に大陸へ上陸するためには、海氷上を雪上車で渡る必要がありますが、今の時期は、海水が凍結していなかったり、氷の厚さも薄い所があり、雪上車での通行が困難です。

そこで定期的に海氷の調査を行い、雪上車での通行に支障のない安全なルートを工作しなければなりません。以前は海氷を衛星で監視したり、島内の海に近いところで隊員が海氷を観察したりして、海氷の状況を把握していたのですが、ここ数年はドローンも使用して上空から撮影し、海氷の状況を総合的に確認したのち、ルート工作を行うことが多くなっています。

8月には大陸上での内陸調査が待っていますので、海氷が成長することを切に祈るばかりです。

3月1日の画像。右上が南極大陸。

4月29日の画像。薄い氷が発達中。

2018年4月29日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
曇時々晴 8:55 15:42 -7.4℃ -13.4℃ 15.3m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3