大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

雪上車の掘り出し

2018年7月19日

前後に雪が付き、掘り出し中の雪上車

太陽が姿を現わさない極夜期が終わり、ルート工作をはじめとした様々な野外作業が活発化してきました。

除雪や昭和基地から遠方へ観測に向かう為に使用する車両の多くは屋外に駐車してあるので、ブリザードが来ると雪で埋まってしまいます。使用する際には、隊員達で協力して掘り出し作業を行わなければなりません。ある程度は重機で掘り出せますが、最後はスコップを用いた手作業になり、なかなかの重労働です。この日は、基地から1km離れた場所に駐車してある車両の掘り出しを行いました。半年程眠っていた車両のエンジンをかけ、雪の中から動き出すと歓声が上がっていました。

これらの車両は基地主要部まで移動させ、車両隊員によってきちんと整備されたのちフル稼働する予定です。今年もお世話になる車両の皆さん、よろしくお願い致します。

除雪前、キャタピラに雪が詰まった状態の雪上車

ミニブルトーザーによる雪上車の掘り出し

壮大な景色の中での作業

2018年7月19日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
ふぶき後曇一時晴 11:13 13:44 -13.0℃ -18.3℃ 26.0m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3