大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

通信ケーブルの修理補修

2015年5月24日

通信ケーブル補修作業

南極で生活をするわたしたちにとって大切な無線機。わたしたちは1人1台の無線機をいつでもどこでも携帯しています。それは単に業務連絡を取り合うためだけのものではなく、急な天候の悪化や屋外作業等に伴う安全の確認に欠かせない、文字どおり「命を守る」機器です。

先日、通信隊員の点検により、通信ケーブルが損傷していることが判明しました。通信ケーブルは基地主要部のすぐそばにありますが、海氷上を伝って架かっているため、簡単には手が届きません。しかしながら損傷は南極特有の激しいブリザードによるものと見られ、早急な対応が必要でした。

今回はその補修の様子を写真でご紹介します。機械隊員と建築隊員、そして通信隊員が現場へ向かい、3日間の作業で無事に修理を終えました。補修にあたっては写真のように高所作業を行いましたが、マイナス20度を下回る厳しい気温、冷たい風・・・、その上、極夜が近付いているため作業できる明るい時間は毎日3~4時間しかありません。それでも、皆が安心して無線機を利用できるように工事は毎日、慎重に進められました。

限られた人数での越冬生活ではこんな風に、互いの仕事を助け合っています。日々の安全・安心を確保するためには、日頃の丁寧な点検と、隊員同士のコミュニケーション、そして協力が欠かせないのです。

極夜が近付き、すぐに日が沈みます

作業中の様子

作業中の様子2

きれいに補修されました

2015年5月24日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
雪一時曇 10:58 13:38 -14.7℃ -19.2℃ 10.5m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3