大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

昭和基地からパレスチナ難民の子供たちへ

2016年11月7日

真っ白な背景や除雪中の雪上車に歓声が上がります

11月7日、国際連合パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA:United Nations Relief and Works Agency for Palestine Refugees in Near East)からの依頼で、南極教室を開催しました。対象はパレスチナ自治区のガザに住む14歳の子供たち25人。57次隊では初めて、(ほぼ)英語での南極教室となりました。

パレスチナといえばこの10年間で3度の戦争があり、多数の人々が犠牲になり、今なお500万人近くが難民として暮らしている地域です。周辺国との関係によりガザに長く閉じ込められた難民の子供たちは、外の世界を知らない、戦争しか知らない子供たちです。未来に希望を持つことすら容易ではない子供たちに、南極教室を通して地球規模での未来を描くきっかけになってほしい、というのが今回の依頼の趣旨でした。将来に夢や希望をもつお手伝いができればと森川、松元、笹森の3人の観測隊員が応える形で実現しました。日本語から英語、英語からアラビア語という2段階の翻訳でいつもより時間がかかりましたが、画面の向こうの子供たちの笑顔は日本の子供たちと変わらない屈託のないものでした。いつまでも笑顔が続きますように、という思いと共に南極の今を届けました。

ペンギンの映像はどこでも大人気

南極の怖さ、美しさを英語で語る、当直明けの松元隊員

沢山の質問の手が挙がるのが見えました

2016年11月7日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
晴一時薄曇 2:29 21:46 -2.5℃ -9.6℃ 10.5m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3