大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所ホーム>研究所案内>研究所概要>極域科学振興募金

研究所案内 研究所概要

極域科学振興募金

国立極地研究所は、南極・北極に関する科学を総合的に研究するわが国唯一の研究機関です。

1956年に始まった南極地域観測事業は、国立極地研究所が実施の中核機関であり、南極の昭和基地は国立極地研究所の附属施設です。また、北極のスバールバル諸島には1991年からニーオルスン観測基地を開設して観測を継続実施しています。

極地で観測される様々な自然現象の研究、特に、近年の地球温暖化に代表される地球規模の環境変動の研究は、人類社会に大きな影響を与える将来の予測にとって非常に重要です。

国立極地研究所では極域の研究活動とその成果を国民の皆様により深く知っていただくために、さまざまな活動を行っていますが、同時に皆様からも高い関心を寄せていただけるようにお願いしております。その一環として、このたび、「極域科学振興募金」を設け、広く民間企業や個人篤志家の皆様から、学術研究の奨励を目的とする寄附金を受け入れることにいたしました。

皆様からいただいたご寄附は以下の目的のために有効に使わせていただく所存ですので、なにとぞ趣旨をご理解いただき、ご援助をお願いいたします。

国立極地研究所長

極域科学振興募金の概要

1. 目的

①国立極地研究所が行う研究活動及び研究成果の社会への普及活動
②若手研究者の海外における研究発表
③南極・北極への大学院生の派遣

※ご寄附いただいた金額の10%は運営事務費として研究所全般の活動のために使用させていただきます。

2. 寄附金額

個人:1口 1,000円
法人・団体:1口 10,000円

3. 謝意

①ご寄附いただいた方全員にオリジナルクリアファイルを進呈します。
②100口以上のご寄附をいただいた、個人又は法人・団体には感謝状を贈呈し、寄附者の銘板を南極・北極科学館に設置します。

4. 税制上の優遇措置

個人の場合:所得税・住民税の優遇措置があります。詳しくはこちら(PDF
法人の場合:寄附金は全額、当該決算期の損金に算入されます。

寄附の方法

ご賛同頂ける方は、「寄附申込書(PDFWord)」を下記に郵便、またはE-mailにてお送りください。
折り返し、振込手続きについてご連絡いたします。

お問い合わせ

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立極地研究所 企画グループ学術振興担当
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
電話 042-512-0612
E-mail gakujutu@nipr.ac.jp

ページの先頭へ