南極・北極科学館 │ 2017年度 夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」

2017年度 夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」
2017年度 夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」
期間:
2017715日(土)〜 930日(土)
日時:
毎週火曜日〜土曜日 10:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日:
日曜日・月曜日・祝日・8月11日(金)〜8月15日(火)
入館料:
無料
会場:
南極・北極科学館(東京都立川市緑町10-3)
南極・北極科学館のホームページ
ポスター(PDF210KB)

企画展示の見どころをご紹介!

「氷の大陸南極に石があるの?」「南極で岩石研究??」「南極の石からどんなことがわかるの?」
実は、南極にはふしぎな石がいっぱい!

この企画展示では、第58次南極地域観測隊の夏隊が今年3月に南極から持ち帰って来たばかりの石や、南極で今まで採集した石を展示します。また、極地研究所で行っている岩石・隕石調査について詳しくご紹介します。
この夏、「石」について学んでみませんか?

1. 南極大陸ってどんなところ?

日本からはるか14,000km。地球の南の果てにある南極大陸とは、どんなところなのでしょうか?分厚い氷の下には、どんな地形が広がっているのでしょうか?
調べてみましょう。

2. 南極の石から地球46億年の歴史を知る

南極大陸の成り立ち、南極の岩石からわかること、南極でも見つかる恐竜の化石など…
南極の「石」から、地球の歴史を学びます。

3. 南極の石の研究者

国立極地研究所の岩石の研究者は、南極でどんな研究をしているのでしょうか?今までどんな発見があったのでしょうか?
研究者が調査で実際に使っている道具も展示!

4. 南極の石のしらべかた

南極の石を日本まで持ち帰るにはどうすればいいのか、また、石を調べるにはどんな機械を使うのかを詳しくご紹介。

5. 第58次南極地域観測隊の地質調査

2016年11月に日本を出発し、今年3月に帰国した、第58次南極地域観測隊(夏隊)の地質調査の様子を紹介します。
南極から持ち帰って来たばかりの石の展示もあるよ!

6. 南極の石の種類と分布

南極にはどんな石があるのでしょうか?
じっくり観察してみよう!

7. 南極にあるのは「地球の石」だけでない!南極隕石のご紹介

南極は、隕石が集まりやすいしくみがあり、日本の観測隊はこれまでに17,400個以上の隕石を採集しています。南極隕石の採集について、詳しくご紹介します。

8. 体験コーナー

南極の石に実際にさわってみよう!

9. つくってみよう!「薄片コースター」

岩石を、光が通るほど薄く削ったものを「薄片(はくへん)」と言います。
薄片の顕微鏡写真でコースターを作ってみよう!
期間によって薄片の種類が変わるよ。全部集めて石ハカセになろう!

❶ 7/15(土)~7/28(金)
❷ 7/29(土)~8/17(木)
❸ 8/18(金)~9/1(金)
❹ 9/2(土)~9/15(金)
❺ 9/16(土)~9/30(土)

10. 岩石・地質の研究者にインタビュー

南極の石や、地質を研究している皆さんにインタビューをしました。
※こちらからインタビュー記事をご覧になれます。

名前
所属(H29年7月現在)
石川 正弘
横浜国立大学大学院 環境情報研究院
池田 剛
九州大学大学院 理学研究院
大和田 正明
山口大学 理学部
河上 哲生
京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻
亀井 淳志
島根大学大学院 総合理工学研究科 地球資源環境学領域
川嵜 智佑
愛媛大学名誉教授
名前
所属(H29年7月現在)
北野 一平
九州大学大学院 地球社会統合科学府
志村 俊昭
山口大学大学院 創成科学研究所
隅田 祥光
長崎大学教育学部 地学教室
菅沼 悠介
国立極地研究所 地圏研究グループ
廣井 美邦
国立極地研究所特任教授・千葉大学名誉教授
外田 智千
国立極地研究所地圏研究グループ
11. みなさんの質問に答えるよ!~南極の岩石編~

南極・北極科学館に寄せられた南極観測に関する質問と、その回答を掲示しています。こちらも見てね!「もっと知りたいQ&A」

12. 参考図書コーナー

夏休みの自由研究に使えるかも!?
岩石・隕石に関する本の紹介。

フォトギャラリー