大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

2018.2号

タロとジロはどうやって日本に帰って来たのですか。2頭のその後を教えてください。

昭和33年(1958年)2月、第2次隊の越冬が叶わずに無念の帰国となり、第1次隊が連れて行ったカラフト犬15頭を昭和基地に置き去りにすることになってしまいました。
昭和34年(1959年)1月14日、第3次隊によってタロとジロの生存が確認されました。翌年(1960年)7月9日、ジロは昭和基地で病死しました。
タロは第4次越冬隊員と共に、1961年の春、船で日本に帰りました。その際、ジロの遺骸も持ち帰っています。
タロは、北海道で余生を過ごし、15歳まで生きました。
現在、タロの剥製は北海道大学植物園の博物館に、ジロの剥製は上野の国立科学博物館に展示されています。

みなさんからの質問より アーカイブ

もっと知りたいQ&A

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

国立極地研究所 南極・北極科学館
東京都立川市緑町10-3 (地図)
TEL:042-512-0910

開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
入場料:無料

南極・北極科学館パンフレット
ページの先頭へ