大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所ホーム>研究成果・トピックス

研究成果

極域科学に関するデータジャーナル「Polar Data Journal」創刊

2017年1月19日
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所(所長:白石和行、以下極地研)は、2017年1月19日、極域科学に関するデータジャーナル(注1)「Polar Data Journal」を創刊しました。学術機関によるデータジャーナルの出版は国内初となります。

一般に、研究者が実験や観測で取得したデータは、学術論文に使用される一部のものを除き、その多くが公表されない傾向にあります。極地研ではこれまでも、南極や北極での研究・観測で得られた貴重なデータを広く学術コミュニティに提供するため、報告書2誌(「JARE Data Reports」及び「NIPR Arctic Data Reports」)を出版し、それぞれ、南極地域観測隊員が南極観測で得たデータ、極地研の研究者が北極域での観測や実験で得たデータを公開してきました。

このたび、この取組を発展させて、極域科学に関するデータジャーナル「Polar Data Journal」を創刊しました。本データジャーナルでは、南極や北極など、極域での実験や観測で得られたデータ及びそのデータに関する記述(データ論文、注2)について、所属や学術分野にかかわらず、広く国際的に投稿を受け付けます。投稿されたデータ論文は査読を行い、品質をチェックしたうえで掲載します。学術機関によるデータジャーナルの出版は、国内で初めてのことです。

実験や観測を担当した研究者にとっては、データ論文の著者としてデータジャーナルに掲載されることにより、データの生産が学術的な業績として評価されやすくなるという利点があります。さらに、掲載されるデータ論文には、一般の学術論文と同様に、DOI(注3)を付与します。これにより、他の論文での引用及び引用後の追跡を容易にし、データの利活用を促します。

なお、本ジャーナルのプラットホームは国立情報学研究所が開発・運用しているJAIRO Cloud(注4)で構築されました。

昨今のオープンサイエンス(注5)の潮流において、分野を超えたデータの共有に大きな期待が寄せられています。本ジャーナルはその一端を担うものであり、今後、学術コミュニティに向けて広く活用を呼びかけていきます。

ジャーナル概要

ジャーナル名: Polar Data Journal
発行・編集: 情報・システム研究機構 国立極地研究所
使用言語: 英語
論文発行頻度: 随時
URL: https://pdr.repo.nii.ac.jp/
主な特徴:
・ フリーアクセスのオンラインジャーナルである。
・ 研究で得られたデータに関する「データ論文」を査読・出版する。
・ 「データ論文」には、DOI及びクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(原則としてオープンライセンスのみを採用、注6)を付与する。
・ 真正性の担保のため、査読レポートも論文と同時に公開する。

注1 データジャーナル:
学術誌のうち、データ論文(注 2)を中心に取り扱うジャーナルのこと。

注2 データ論文:
さまざまな定義があるが、ここでは、実験や観測で得られた数値などの「データ」につき、その取得方法や処理方法、所在等について記載した論文を指す。通常の学術論文と異なり、新たな科学的知見が含まれているかどうかは問わない。

注3 DOI:
デジタルオブジェクト識別子(Digital Object Identifier)。インターネット上のコンテンツに与えられる識別子。URLと異なり、一度付与されたDOIは恒久的に変化しない。

注4 JAIRO Cloud:
国立情報学研究所が提供している共用リポジトリサービス。同研究所が開発した機関リポジトリソフトウェアWEKOをベースに、大学などへ向けて、リポジトリの構築環境をクラウドで提供している。2016年12月現在、国内大学・機関で構築されている機関リポジトリソフトウェアのうち、約54%のシェアがある。

注5 オープンサイエンス:
開かれた科学技術研究を目指し、研究成果(論文、生成されたデータセット等)につき、学術関係者だけでなく、民間企業や一般市民が広く利用・アクセスできるようにするサイエンスの進め方。
参考: 内閣府・国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会

注6 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:
クリエイティブ・コモンズ(CC)は、著作者が、著作物の二次利用を許可(ライセンス)する際の条件を表明するための仕組みのひとつ。また、オープンライセンスとは、最小限の制約で改変及び商用利用が可能なことを指す。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスでは、例えば、「CC-BY」(著作者のクレジット(著者、タイトルなど)を表示すること)はオープンライセンスである。
参考: クリエイティブ・コモンズ・ジャパン

お問い合わせ先

ジャーナルについて

国立極地研究所 Polar Data Journal編集事務局

報道について

国立極地研究所 広報室
TEL:042-512-0655 FAX: 042-528-3105

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ