総合研究大学院大学 極域科学 The Graduate University for Advanced Studies
専攻専用ページトピックスお問い合せ資料請求国立極地研究所ホームに戻ります
専攻概要担当教員カリキュラム受験案内在学生・修了生の声学生生活総合研究大学院大学
受験案内


極域科学専攻アドミッション・ポリシー

5年一貫性博士課程受験案内

博士課程(3年次編入学)入学受験案内

極域科学専攻 入学者選抜過去問題

極域科学専攻 入学者選抜実施状況

5年一貫制博士課程平成30年4月入学受験案内

 本専攻に入学を希望される方は、学生募集要項、本専攻パンフレット及び本専攻webページにおいて、本専攻の概要、授業科目、各教員の教育研究内容をよく確認してください。また、出願書類提出前に入学後の志望研究内容等について、志望する指導教員と相談されることを推奨します。

※正式な内容及び詳細は学生募集要項で確認してください。
 ご希望の方は下記の学生募集要項請求先に請求してください。

1.出願資格

出願できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

学校教育法第83条に定める大学を卒業した者及び入学の前月までに卒業見込みの者
学校教育法(昭和22年法律第26号) 第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び入学の前月までに学士の学位を授与される見込みの者 ※
外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び入学の前月までに修了見込みの者
外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び入学の前月までに修了見込みの者
我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び入学の前月までに修了見込みの者
学校教育法施行規則第155条第1項第5号の規定により、文部科学大臣が別に指定する専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)を文部科学大臣が定める日以降に修了した者及び入学の前月までに修了する見込みの者
学校教育法施行規則第155条第1項第6号の規定により文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号) ※
入学の前月末日で外国において学校教育における15年の課程を修了し、外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程を修了し、又は我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者であって、本学において、本学の定める所定の単位を優秀な成績で修得したと認めたもの(注)
入学の前月末日で学校教育法第83条に定める大学に3年以上在学した者であって、本学において、当該大学の所定の単位を優秀な成績で修得したと認めたもの(注)
学校教育法第102条第2項の規定により他の大学院に入学した者であって、当該者をその後に入学させる本学において、大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの (注)
本学において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、入学の前月末日までに22歳に達しているもの (注)、※

(注)出願資格⑧〜⑪により出願しようとする者については、出願資格認定審査出願前に出願資格の事前審査(⑧〜⑩)又は個別の入学資格審査(⑪)を行います。詳細は学生募集要項をご確認ください。

※出願資格②に該当する者とは、大学評価・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び授与される見込みの者になります。

※出願資格⑦に該当する者とは、旧大学令による大学、各省庁組織令・設置法による大学校等を卒業した者及び卒業見込みの者になります。

※出願資格⑪に該当する者とは、短大・高専・専修学校・各種学校の卒業者、外国大学日本校、外国人学校その他の教育施設の修了者(見込みを含む)で、個人の能力の個別審査により、本学において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者等になります。

2.願書受付期間

2017年7月14日(金)〜7月20日(木)まで

3.試験日

2017年8月22日(火)〜8月23日(水)

4.出願に必要な書類等

入学願書、検定料(30,000円)、成績証明書、写真(2枚)、大学卒業(見込)証明書、志望理由書、その他

5.選抜方法

入学者選抜は書類及び面接審査、筆記試験により行います。1日目に筆記試験を行い、2日目に面接を行います。試験は日本語により実施します。

(1)書類及び面接審査 志望理由書(別紙様式2)、論文、報告書等研究能力を示す資料、学部等の成績証明書、及び面接により行います。
志望理由書には、(1)本専攻を志望する理由、(2)どのような研究に関心があるか、(3)自分の持っている知識や能力がどのようにその研究に生かされると思うかについて、2,000字程度で記載してください。面接については、出願者による志望理由説明ののち質疑応答を行います。面接時間は質疑応答を含めて20分程度です。
(2)筆記試験 小論文、英語、及び専門科目により行います。
専門科目の試験は、物理学分野、化学分野、生物学分野、地球科学分野から各3題の計12題出題します。そのうち3題を選択して解答してください。1分野から3題選択しても、複数分野から3題選択しても構いません。試験時間は小論文、英語は各60分、専門科目は120分です。
※英語の試験の際は、英和辞書、和英辞書の持ち込みを各1冊に限り認めます(電子辞書は不可)。

6.合否判定基準

書類及び面接審査と筆記試験の結果を総合的に判断し、合否判定を行います。

8.上記に関するお問い合わせ・学生募集要項請求先

〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
国立極地研究所 企画グループ 学術振興担当
TEL:042-512-0612・0613
FAX:042-528-3146
E-MAIL:kyokuiki@nipr.ac.jp

ページの先頭へ
総合研究大学院大学 極域科学