北極から~2015観測便り~

本格的な夏の観測シーズンに入り、北極の各地で観測を繰り広げている研究者から届く現場の声をお伝えします。

2015年 観測予定地図

2015年 観測予定地図

  • カナダ北西準州トランセクト森林センサス
  • アラスカ内陸部森林センサス
  • 湖沼メタン観測
  • 極砂漠生態系調査
  • フェノスカンディア森林センサス
  • タイガ林水熱炭素循環観測
  • タイガ-ツンドラ水熱炭素循環観測
  • ツンドラ水熱炭素循環観測
  • 中央シベリア森林センサス
  • 北極域BC観測(ニーオルスン・バロー他の地域)
  • 春季ニーオルスン雲-エアロゾル集中観測
  • グリーンランドにおける氷床・氷河・氷帽観測
  • グリーンランド内陸における質量収支と気象観測
  • 北極圏の積雪の役割解明に関する雪氷観測
  • 航空機による対流圏及び下部成層圏の温室効果気体観測(シベリアおよび北極域上空)
  • 温室効果気体及び関連気体の濃度及び同位体の観測(ニーオルスン・チャーチルの他、シベリア、北海道)
  • 海洋地球研究船みらいMR14-05北極航海
  • バイオロギングによる行動・生態調査
  • アラスカバロー沖係留観測
  • 砕氷船ルイサンローラン号カナダ海盆観測航海
  • 砕氷船アラオン号カナダ海盆・マカロフ海盆観測航海

観測便り

2015夏 観測スケジュール

研究
分野
課題
ID
地図
番号
観測タイトル 日程 観測場所 調査項目 観測便り
陸域 2 1 カナダ北西準州トランセクト森林センサス 平成27年
9上旬~下旬
ウッドバッファロー国立公園 森林現存量・森林構造・炭素蓄積量 カナダ北西準州森林センサス観測チーム
2 アラスカ内陸部森林センサス 平成27年
8月中旬~8月下旬
カリブポーカークリーク実験林、ポーカーフラット打ち上げ実験場 森林現存量・森林構造・炭素蓄積量 アラスカ内陸部森林センサス観測チーム
3 アラスカ/ツンドラ-タイガ地帯の湖沼メタン観測 平成27年夏期2週間程度 アラスカ州・バロー近辺のサーモカルスト湖等 アラスカ永久凍土地帯の主にサーモカルスト湖周辺において湖水、湖底堆積物及び凍土のサンプリングを実施し、フラックス、有機物年代、溶存メタン年代を測定し、ツンドラ地帯との比較によって永久凍土融解の影響を定量化する  
4 スバールバル(極砂漠生態系)調査 平成27年
7月下旬~8月下旬
スピッツベルゲン島ニーオルスン 維管束植物の生理生態調査および分光反射測定、土壌炭素動態調査 杉本課題スバールバル観測チーム
5 フェノスカンジナビア森林センサス 平成27年
6月上旬~下旬
フィンランド北東部Varioa自然保護区、エストニア東部Kalina研究林 森林現存量・森林構造・炭素蓄積量 フェノスカンディア森林センサスチーム
6 東シベリアタイガ林水熱炭素循環観測(ヤクーツク、ウスチマヤ) 平成27年
4月~10月に何回か
スパスカヤパッド実験林ステーション、エレゲイステーション 気象水文、凍土、熱/水/CO2フラックス、生態学調査、植生など、スーパーサイトとしての長期・総合的観測  
7,8 東シベリアタイガ-ツンドラ水熱炭素循環観測(チョクルダ) 平成27年
4月、6月下旬~8月上旬、10月
ロシア・チョクルダ周辺 気象水文、凍土、熱/水/CO2フラックス、生態学調査、植生など、スーパーサイトとしての長期・総合的観測 チョクルダ陸上生態系観測チーム
9 中央シベリア森林センサス 平成H27年度実施無し 中央シベリア・トゥラ周辺、及びプトラナ山地の森林ツンドラ 森林現存量・森林構造・炭素蓄積量  
大気 3 10 北極域BC観測 地上観測:全期間 ニーオルスン、バロー、その他の地域 エアロゾル・降水・雲観測  
11 春季ニーオルスン雲-エアロゾル集中観測 3月下旬〜4月中旬 ニーオルスン 雲、エアロゾル、放射  
雪氷 4 12 グリーンランドにおける氷床・氷河・氷帽観測 平成27年
6月下旬~8月上旬
グリーンランド氷床北西部カナック カービング氷河の流動、質量収支、氷厚変化、氷河底面環境
カービング氷河前の海水温度、塩分濃度、海底地形
カナック氷帽の質量収支、流動、アルベド
氷床の質量収支
雪氷課題グリーンランド氷床観測チーム
13 グリーンランド内陸における質量収支と気象調査 平成27年4月~平成28年3月 内陸部 自動気象観測とサンプル分析  
14 環北極域における積雪の化学析によるエアロゾルの空間分布 平成27年
4月〜12月
広域スノーサーベイ 水の安定同位体、ダスト、BC等  
温室効果気体 5 15 航空機による対流圏および下部成層圏の温室効果気体観測

チャ―タ―航空機
平成27年4月~平成28年3月

JAL欧州便
平成27年4月~平成28年3月

シベリアおよび北極域上空

小型航空機をチャーターし、地表から対流圏中層までの大気採取を行う。また、JAL欧州便を利用して北極域の上部対流圏から下部成層圏までの大気採取を行う。

 
16 海洋地球研究船「みらい」MR15-03北極海航海 平成27年
8月~10月
北極海カナダ海盆、ボーフォート海、チャクチ海、ベーリング海 大気・海洋表層の温室効果気体そ関連物質 海洋地球研究船「みらい」MR15-03北極海航海チーム
17 地上基地やタワーを用いた温室効果気体および関連気体の濃度および同位体の観測 通年 スバールバル(ニーオルスン)、シベリア、カナダ(チャーチル)、北海道 地上付近における大気中温室効果気体および関連気体の濃度および同位体  
海洋
生態
6 18 バイオロギングによる行動・生態調査 平成27年
7月~8月
ベーリング海(プリビロフ諸島) ジオロケーター回収 バイオロギングによる海鳥の行動・生態調査観測チーム
16 海洋地球研究船「みらい」MR15-03北極航海 平成27年
8月~10月
太平洋側北極海(主にチャクチ海およびカナダ海盆) 係留系回収等  
北極
航路
7 19 砕氷船ルイサンローランカナダ海盆観測航海 平成27年
8月〜9月
北極海カナダ海盆 海氷分布、密接度、氷厚、マイクロ波輝度温度、船体運動、水温・塩分
20 砕氷船ルイサンローラン観測航海 平成27年
9月〜10月
北極海カナダ海盆 係留系回収、CTD観測  
21 砕氷船アラオンカナダ海盆観測航海 平成27年
8月
北極海カナダ海盆 水温・塩分、係留系回収 砕氷船アラオン航海チーム