大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所ホーム>研究成果・トピックス

トピックス

宮岡宏 教授、小濱広美 広報室副室長が「科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)」を受賞

2018年4月12日

国際北極環境研究センター・宙空圏研究グループの宮岡宏教授と広報室の小濱広美副室長が、オーロラシアターを活用した地球惑星科学の理解増進で「平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(理解増進部門)」を受賞しました。

オーロラシアターは国立極地研究所 南極・北極科学館の人気展示のひとつで、直径4メートルのドーム型スクリーンで、空いっぱいに広がるオーロラを存分に楽しむことができます。南極・昭和基地や、北極圏のトロムソ(ノルウェー)などで研究用に撮影されたオーロラを、極地研で独自に編集、オリジナル番組にして上映しています。2017年1月には、よりリアルに、より美しくオーロラを上映できるよう、地元企業の支援のもと投影機をリニューアルしました。宮岡教授、小濱副室長によるこれら一連の活動が、地球惑星科学の理解増進に貢献したと評価され、受賞に至りました。

表彰式は4月17日に文部科学省で行われます。

TACHIHIオーロラシアター

科学技術賞(理解増進部門)を受賞した宮岡教授(右)と小濱副室長。(2017年4月17日文部科学省にて撮影)

関連リンク

外部リンク

ページの先頭へ