大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

第59次南極地域観測隊 企画提案取材公募要領

2017年6月27日掲載

公募は終了しました

1. 概要

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所(以下、「極地研」という。)では、平成29年11月に日本を出発する第59次南極地域観測隊(以下、「第59次隊」という。)夏隊に同行し、南極地域観測事業の意義・活動状況等について自らの取材により広く国民に対し情報提供や理解の増進のための発信を行っていただきたく、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等(以下、「メディア」という。)関係者を公募します。

本公募は、一般社団法人日本新聞協会からの推薦を受け、代表して南極地域観測隊の取材を行う同行記者としてのものではなく、極地の科学、観測活動に対するメディア関係者の視点に基づいた南極地域観測事業の意義や活動状況のみならず、地球環境問題や国際連携等への理解増進、意識向上が期待される提案を求めて実施するものです。

2. 申請要件

メディア関係者のうち、以下の要件をすべて満たす者。

(1) 取材に基づく記事配信、新聞発行、出版、放送等の実績があること。
(2) 同行者の年齢、性別は問わないが、心身ともに健康であり、南極地域での行動に耐えうる体力を持っていること。
(3) 原則として、全国規模の記事配信、新聞発行、出版、放送等を企画・実施できること。

3. 公募期間

平成29年6月27日(火)〜平成29年7月14日(金)

4. 募集人数

1件2名以内(個人またはグループ)

5. 観測隊への同行にかかる経費について

すべて自己負担または所属機関・組織・企業に負担していただきます。詳細については後述「11. 留意事項等、(3)経費について」を参照して下さい。

6. 取材可能期間(予定)

原則として第59次隊の行動計画に基づき実施していただきます。概要については後述「11.留意事項等(1)第59次南極地域観測隊及び「しらせ」の行動概要」を参照して下さい。

※ 取材可能期間
平成29年11月27日(月)〜平成30年3月23日(金)
(昭和基地での滞在期間:平成29年12月中旬〜平成30年2月中旬)

※ 「しらせ」の行動予定は、
往路:東京晴海埠頭〜フリーマントル(オーストラリア)〜昭和基地
復路:昭和基地〜シドニー(オーストラリア)〜東京晴海埠頭

となっており、観測隊員・同行者は、フリーマントルで「しらせ」に乗船、シドニーで下船し、東京〜オーストラリア間は民間航空機で移動します。ただし、不測の事態が発生した場合、日程に関わりなくフリーマントル、シドニー以外に寄港する場合があります。

7. 審査方法

審査は、極地研の下に設置した「企画提案取材審査委員会」において実施します。審査のプロセスは以下のとおりです。

(1)形式上の不備の確認

提出された申請書類について、公募要領に記載された形式上の要領を満たしているかどうか、確認を行います。申請の要件を満たしていないものは、以降の審査対象から除外されます。

(2)第一次審査(書面審査)

企画提案取材審査委員会により、書面審査を実施します。

(3)第二次審査(面接審査)

第一次審査(書面審査)において適切と認められた提案について、企画提案取材審査委員会による面接審査を実施します。面接審査では、提案者等によるプレゼンテーションの後、質疑応答を行います。

(4)採択者(同行候補者)の決定

第一次審査(書面審査)及び第二次審査(面接審査)における評価結果を踏まえ、採択者を決定します。

8. 審査にあたっての主な観点

申請者の提案内容について、主に以下の観点から審査を実施します。

(1) 企画内容が南極地域観測事業の意義・活動状況等を広く国民にアピールするものであること。
(2) 企画の実施により、国民の南極地域観測事業への理解増進につながる大きな効果が期待されること。
(3) 南極という自然環境下で取材する上で、企画内容に具体性、実現可能性があること。
(4) その他(地球環境問題、国際協調、自然への理解増進等)

9. 公表等

同行者候補者として正式に決定された後、同行者に関する情報(企画名、企画提案代表者名、会社名等)については、極地研ホームページ等で公表されます。

10.申請方法等について

(1)申請書類

申請にあたっては、以下の書類を作成し、申請願います。
① 「企画提案取材」提案書(様式1;ダウンロードしてください)
② 南極地域観測隊同行者履歴書(様式2;ダウンロードの上、個人ごとに作成してください)
③ ①の書類の補足説明資料(様式は任意)

(2)申請書類の記入にあたっての注意点

・申請書類は、すべて日本工業規格A4版で作成して下さい。
・文字の大きさは、9~12ポイント程度で作成して下さい。
・申請書の内容は、要点を絞り簡潔・明瞭に作成してください。

(3)提出部数等

申請書類は、郵送もしくはメールで受け付けます。郵送の場合は、申請書類の入ったCD-R1枚を添付してください。

(4)申請書類の送付先と締め切り

提出締め切り:平成29年7月14日(金)17時30分【必着】

◆郵送の場合
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
情報・システム研究機構 国立極地研究所 広報室
(封筒の表に「企画提案取材申請書類在中」と朱書きのこと。)

◆メールの場合
宛先:kofositu@nipr.ac.jp
(件名に、企画提案取材と明記すること)

11. 留意事項等

(1)第59次南極地域観測隊及び「しらせ」の行動概要

「しらせ」は平成29年11月12日に東京晴海埠頭を出港し、第59次隊は、平成29年11月27日に成田空港を民間航空機にて出発します。その後、西オーストラリア州パース近郊のフリーマントル港にて「しらせ」に乗船し、南極昭和基地に向います。第59次隊は、平成29年12月中旬(予定)に昭和基地に到着し、翌年2月中旬まで昭和基地およびその周辺地域において、様々な観測活動や設営作業を実施します。平成30年2月までに越冬を終えた第58次隊からの引き継ぎを完了し、第59次夏隊および第58次越冬隊は帰路につきます。帰路にあたり、「しらせ」は南極海での海洋観測を実施しつつオーストラリアのシドニーを目指して北上し、3月20日にシドニー到着予定です。観測隊員・同行者は、3月23日に空路にて帰国予定です。
※ただし、天候や氷状により、スケジュールは変更になる場合があります。

(2)申請にあたっての留意事項(同行者への事前アナウンスの内容)

南極地域観測隊の同行者であっても、観測隊員と同様の環境下で行動することになります。下記に示されている事項を理解した上で申請してください。

① 観測隊員と同様の環境下での行動をするため、「南極地域観測隊員として観測事業に携わることについての説明」(資料A)、および「南極における医療の現状と限界についての説明(資料B)と承諾について(資料C)」および「観測隊員に求められる資質(資料E)」に示されている事項についてご理解ください。

②(資料B)および(資料C)については、本公募で選考され、正式に同行候補者となった後、改めて説明をします。その後、承諾書(資料D)を提出していただきます。

③ 南極地域からの情報発信内容については、原則、申請書に記入された範囲内とします。

④ 審査の結果、同行候補者となった後、南極という環境に耐えうる健康状態であることを確認する健康診断を受けていただきます。(検査項目は、資料Fを参照)。その結果によっては、南極地域への同行をお断りする場合があります。

(3)経費について

同行にあたっての以下の経費は、すべて自己負担または所属機関・組織・企業が負担して下さい。

① 航空運賃:往路の日本→パース、復路のシドニー→日本の航空運賃(空港施設利用料、空港税、燃料サーチャージ等を含む)。
② 同行者の居住地(または勤務先)から空港までの往復交通費
③ 食費:「しらせ」乗船中ならびに昭和基地滞在中の食費(約30万円)
④ 昭和基地宿泊料:1日あたり約320円〜900円
⑤ 健康診断経費
⑥ 国立極地研究所(東京都立川市)での打ち合せ参加旅費
⑦ 必要に応じた国内での訓練参加旅費
⑧ 衣類・装備類:観測隊員に準じた衣類・装備類の購入費
⑨ その他、同行取材に必要な経費(通信費等)※昭和基地-国内間の通信回線には限りがあるので、映像の伝送等は自前での通信を確保すること。

(4)採択者(同行候補者)となった場合

① 南極地域観測隊員と同等の健康診断を行ってください。
② 健康診断に基づく健康判定に合格後、南極地域観測統合推進本部(本部長:文部科学大臣)に推薦し、所定の手続きを経て第59次南極地域観測隊同行者として決定します。
③ 南極出発前に国立極地研究所が実施する打ち合せや訓練に参加してください。
④ 取材された映像の使用について、知的財産権も含め個別に協定を締結させていただく場合があります。

(5) 今後のスケジュール

● 6月27日(火) 公募開始 
● 7月14日(金)17時30分【必着】申請書提出期限
● 7月下旬まで 書面審査ならびに面接審査(書面審査通過者のみ)
● 7月下旬 採択者決定
● 7月下旬〜 身体検査等
● 9月下旬 南極地域観測統合推進本部連絡会において、採択者(同行候補者)を第59次隊同行者として決定
● 11月27日 南極へ出発

12. その他

問い合わせ先

情報・システム研究機構 国立極地研究所 広報室(担当:本吉)
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
メール:kofositu@nipr.ac.jp

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3