大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

海氷行動安全講習実施!

2018年4月11日

講師の説明に耳を傾ける隊員達

昭和基地のある東オングル島は海に囲まれています。そのため観測隊は調査などでしばしば海氷上を行動することがあります。今般、海氷上を安全に行動できるよう、訓練が行われました。

海氷上には、クラックという氷の割れ目があり、落ちたら、這い上がることができないこともあります。特に雪が積もった後のクラックは見えないので注意が必要です。

海氷上にはクラック以外にも様々な危険が潜んでおり、今回は東オングル島の北にある「北の浦」という場所で、実際に海氷上の危険を体験しながら、行動訓練を行いました。

訓練では、野外行動のスペシャリストである隊員を講師として、安全に行動する為の方法を学びました。このような訓練により海氷に関する知識や危険意識を高めることで、隊員たちの安全は守られていくのです。

ゾンデ棒で安全を確保しながら移動。

クラックを発見。安全確認後、通過。

2018年4月11日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
7:42 17:02 -12.6℃ -15.9℃ 3.2m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3