大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

基本観測棟…

2017年9月18日

第58次越冬隊,今年の夏に建てた基本観測棟

越冬中、基本観測棟内装工事を進めており、間仕切り壁や珪酸カルシウム板を貼付・ビニル床シートを施工中。
9月になり気温も一段と冷え込み室内の温度がマイナス20℃の中の作業が厳しく、30分おきにジェットヒーターで指を温めながら作業をしています。

基本観測棟は、気象棟・地学棟・電離層棟・環境科学棟を統合した観測系建物の更新第1号の建物で、地上2階建て、延床面積416㎡あり高床式で、12角形の外観が特徴的で屋上に観測デッキを設置して研究するスペースは1年を通しての温度約17℃±5℃を保ちます。放球する際にヘリウムを充填するための放球室は4200mmの天井高があります。

オゾン観測室、気象観測室、放球室、地圏観測室、電離層室、生物・夏期研究室、機械室、工作室がり、2015年12月に基本観測棟部材が南極昭和基地に搬入され、18年2月に完成する予定。

芯材を立てて断熱材入れ

5mmの合板貼付後珪酸カルシウム板貼付

ビニル床タイル施工

2017年9月18日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
晴れ 6:25 18:08 -17.0℃ -23.2℃ 12.8m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3