大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

定期的にブリザードが来ています

2016年7月15日

キレイなスノードリフト

昭和基地には定期的にブリザードが来ています。

ブリザードの後は芸術的なスノードリフトができていることが多いのですが、そのままにしておくと基地での生活に支障が出たり、さらにブリザードが来た場合、とんでもなく大きな山になって建物が埋ってしまったり、屋外の配管が雪の重さでつぶれてしまったりと基地の維持に大きな支障となるので除雪しなければなりません。

※スノードリフト:建物や障害物の風下に延びるようにできる雪の山

7月12日に極夜が終わり太陽が水平線(海氷線?)から出てくるようになりましたが、12日も悪天のためその姿は見えませんでした。太陽が昇るといっても1,2時間程度で沈んでしまうので、安全に作業が出来る時間はまだ短いです。重機での除雪や、重機が入れない場所はスコップで雪をかき出します。十分な除雪が終わる前に次のブリザードが来て、除雪した箇所が再び埋ってしまうという状態が続くと、隊員の疲労も蓄積されていきます。

そんなブリザードが「次にいつ来るか」をクイズにしています。当たった人はそのブリザードに名前を付けることができます。また、越冬交代後に初めて来たブリザードの名前も隊内で公募しています。

つらい作業を少しでも楽しもうと隊員たちは日々工夫して生活しています。

昼間でも薄暗い中での作業です

複数の重機で除雪します

除雪は重労働なので休憩中はぐったりです

57次初のブリザード名を公募!気象隊員が担当します

6月16日の昭和基地の様子

7月5日の昭和基地の様子。雪の高さを一定に保っています。

2016年7月15日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
ふぶき 11:36 13:19 -8.2℃ -12.5℃ 31.3m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3