大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

昭和基地の星空

2017年1月5日

淡いオーロラが緑色に写っています。今年接近した火星が、ひときわ明るく見えます。

年末に58次隊が昭和基地に到着し、今は南極の夏真っ盛りです。
南極の夏は太陽が沈まない白夜の季節。夜が来ないこの季節には星空が恋しくなります。
今回は、極夜期に昭和基地で見られた星空について紹介します。
昭和基地のまわりには街の灯りなどあるはずもなく、オーロラ観測のため外灯も消されています。また、乾燥していて、ちりやホコリも少ないので、空気が澄んでいます。ですから、寒さを我慢すれば、素晴らしい星空を堪能できます。
天の川も目で見てわかるくらいに明るく輝いていますし、南十字星やマゼラン星雲など、日本では見られない南半球の星を楽しむこともできます。
月が出ていない、オーロラの活動が低調な時間には、天体望遠鏡を出すこともあります。これだけきれいな夜空に星々を眺める機会は、国内ではなかなかありません。

この星雲は肉眼でもぼんやりと見えます。南の空にあって、日本では見られません。

左の方にオーロラが見えてきていますが、オーロラの活動が活発になると星の光はかき消されてしまいます。

左下の赤い光は、まぶしくないように赤くした懐中電灯です。

2017年1月5日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
晴後一時曇 - - 1.3℃ -5.3℃ 3.2m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3