大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

自然の脅威

2018年7月8日

ライフロープに沿って移動

本日は予報に反して、夕食前まで悪天候が長引きました。

外出が禁止になる基準ではありませんでしたが、視界も悪かったため一人での移動は危険と判断され、基地中心部以外(廊下でつながっていない棟)で観測をしていた隊員を迎えに行くためのレスキュー隊が結成されました。昭和基地では、このような時に備えてレスキュー体制が確立されています。日本で山岳ガイドをし、レスキューにも携わっていた『いわば本職』の隊員もいますが、これまでレスキュー経験の無い隊員にとっては、今回は訓練の意味合いも兼ねていました。

片道約15分。肌の露出ゼロの完全装備での行動だったものの、帰還後、頬が赤く腫れている隊員がおり、医療隊員の診察の結果『軽度の凍傷』と診断されました。呼気に含まれる水分によって顔を覆っている生地が凍結し、それに伴い凍傷が発生したようです。

様々な意味で南極の自然の恐ろしさを痛感した一日になりました。

出発前の装備チェック

基地主要部より撮影

2018年7月8日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
ふぶき -15.8℃ -18.8℃ 18.5m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3