大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所


国立極地研究所 南極・北極科学館にようこそ

南極や北極でどんな観測や研究が行われているのだろうか?どんなことがわかったのだろうか?どんなところなのだろうか?等など“南極、北極の今”を皆さんにお知らせする広報展示施設として、国立極地研究所南極・北極科学館は、2010年7月に開館しました。

新たな発見や研究成果は、わかりやすくポスターにして迅速に張り出しています。また、多くの皆さんに極地科学と極地観測のことを知ってもらうために、展示には三つの工夫があります。

その一つは“実物”を展示していることです。南極観測で使用していたもの。今も使用しているもの。そして、今後の観測計画によっては展示から外して南極に持っていこうというものなどもあります。もちろん、標本は実物です。

二つめは“さわれる”ことです。地球外物質(隕石)や南極の氷にさわれます(もちろん実物)。偏光顕微鏡で隕石や岩石の観察もできます。そして、1968年(昭和43年)に南極点まで往復5,200kmを走破した雪上車(ほとんど当時姿のままです)にも乗れます。

三つめは“映像”です。昭和基地のライブ映像を見ることができます(オーロラがライブで見られることも)。オーロラの映像は、全天ドーム型のオーロラシアターで研究用に撮影したオリジナルデータの映像を月替わりで見ることができます。南極と北極のオーロラを1年中常設展示で見ることができるのは国内唯一です。

オーロラの謎を解き、ペンギンの写真を撮り、南極点まで往復した雪上車に乗り、顕微鏡をのぞき、生き物を調べ、隊員の生活をモニターでチェックし、南極の氷にさわり、大気摩擦で表面が溶けた隕石に触れ、月の裏側の石や火星の石を見て宇宙の旅を感じ…必ずや知的好奇心が満足させられることでしょう。

セールスポイント(ここがすごい)

それぞれの展示コーナーに“すごい”があるのがすごい!
常にホットな研究成果にふれられるのがこれまたすごい!
加えて、入場無料&撮影自由(撮影ポイント多数)です。

実物ではありませんが、科学館の外には南極観測の初期に活躍した15頭のカラフト犬のブロンズ像や、白瀬南極探検隊100周年モニュメントもあります。

南極・北極科学館の入り口のところにある蜂の巣状に風化した大きな岩石は、昭和基地付近から採取した5億年前のものです。5億年!…これって、パワースポットでは?

国立極地研究所 広報室長

南極・北極科学館について

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

国立極地研究所 南極・北極科学館
東京都立川市緑町10-3 (地図)
TEL:042-512-0910

開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
入場料:無料

南極・北極科学館パンフレット
ページの先頭へ