大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所


サイエンスカフェ

サイエンスカフェ特別編 ~ サイエンスバー ~

お酒を楽しみながら、美味しいディナーを食べながら、科学について気軽に語り合う…
そんな大人の時間を過ごしませんか?

地質時代に日本の地名が刻まれるか?
千葉時代(チバニアン)国際模式地認定への展望
国立極地研究所地圏研究グループ 菅沼 悠介

大陸の移動や衝突、生物の進化・絶滅、そして急激な気候変動など、地球の歴史は地層を調べることで明らかにされてきました。地層は、世界中に断片的に分布するため、地質時代という時間のメモリを使って比較されています。そして、各地質時代の境界については、地球上で最も観察・研究しやすい1カ所が国際模式地(国際標準模式層断面とポイント:GSSP)と認定されています。

最近、千葉の地層(千葉セクション)が、地質時代の一つである第四紀更新世の前期・中期境界の国際模式地の候補として注目を集めています。「千葉セクション」の長所は、約77万年前の地磁気逆転の記録がとても詳細に調べられていることです。もし千葉セクションが国際模式地として認められると、この境界に続く時代が「千葉の時代」という意味のチバニアンと名付けられます。

今回の講演では、私自身の研究体験、とくに地磁気逆転研究の視点を通して、千葉セクションの国際模式地認定への展望をお話ししたいと思います。

  • 日時:2018年9月21日(金) 19:00~20:30(18:30開場)
    ※開始直前は受付が混み合いますので、お早目にお越しください。
     なお、開場後すぐにお食事を提供いたします。
  • 講師:国立極地研究所地圏研究グループ 菅沼 悠介
  • 場所:シネマ・ツー1階カフェ(立川市曙町2-42-26)
  • 参加費:1,620円(税込)
    ピッツァorパスタ、サラダ / ワンドリンク(ビールorワインorソフトドリンク)
    ※追加注文可(別途料金が必要)

    料理は4種類のうちから1つお選びください。パスタは太麺(リングイネ)です。

  • 定員:先着30名
    ※お一人でお申込みの場合は、カウンター席となる場合がございます。
  • 申込:事前申込制(「申込フォーム」よりお申込みください)

※イベントは予告無く変更となる場合があります。
※イベントの際に写真を撮影し、後日ホームページ等に掲載する場合がございます。予めご了承下さい。

めざせ!極地の研究者

南極・北極科学館 イベント参加者募集! めざせ!極地の研究者

南極の氷から気候を復元するって?

アイスコア掘削@ドームふじ基地付近

南極の氷をどうやって調べているの?調べるとどんな事が分かるの?
第59次隊で南極・ドームふじ基地へ行ったばかりの研究者に何でも聞いてみよう!

  • 日時:2018年8月21日(火)15:00〜16:30
  • 定員:先着10名(事前申し込み制、「申し込みフォーム」よりお申し込みください)
  • 対象:小学4年生〜中学3年生
  • 講師:国立極地研究所 気水圏研究グループ 中澤文男
  • 参加費:無料
  • 場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館となり)
  • 持ち物:筆記用具
  • その他:談話室サザンクロス集合後、別会場に移動します。必ず保護者1名の付添いをお願いします。

イベントは予告なく変更となる場合がございます。
また、当日撮影した写真をホームページ等に掲載する場合がございますので、予めご了承ください。

夏休み特別イベント

夏休み特別イベント 南極観測隊員と話そう!

南極・北極科学館では、夏休み期間中に、特別イベントを開催します。ぜひご参加ください!

南極観測隊員と話そう!

南極昭和基地とのライブトークを行います。
観測隊員に直接質問してみよう。

  • 日時:2018年8月10、17、24日(金)15:00~15:30
  • 場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館となり)
  • 申込:不要(直接会場にお越しください)

夏の企画展示

夏の企画展示
「雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~」

「雪と氷のちがいって?」「雪や氷にはどんな種類があるの?」
極地研究所で行っている雪と氷についての研究を詳しく紹介します!

  • 期間:2018年7月21日(土)~9月29日(土)
  • 日時:毎週火曜日~土曜日 10:00〜17:00(最終入館16:30)
  • 休館日:日曜・月曜・祝日・8月11日(土・祝)~8月14日(火)
  • 入場料:無料
  • 会場:南極・北極科学館
夏の企画展示特別開催
「もっと知りたい!雪や氷~研究者に直接質問してみよう~」

国立極地研究所の雪と氷の研究者による、実験・実演と、企画展示「雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~」の解説を行います。
内容は、研究者によって変わります。どんな内容になるかは当日のお楽しみ!
研究者に直接質問もできますよ!

  • 日時:8月8日(水)、10日(金)、15日(水)、17日(金)、22日(水)、24日(金)、29日(水)、31日(金) 各回11:00~
  • 入場料:無料
  • 会場:南極・北極科学館 展示室内
  • 参加方法:自由参加(途中参加可)

2017年度のイベント報告

2017年度 サイエンスカフェ 実施一覧

テーマをクリックするとアンケート結果(PDF)をご覧いただけます。

日付 講師 タイトル
(クリックすると当日の様子がご覧になれます)
人数 アンケート
2017年4月21日(金) 地圏研究グループ
本吉 洋一
南極最新情報 36
2017年5月19日(金) 地圏研究グループ
外田 智千
南極の石を調べる 25
2017年6月2日(金) 宙空圏研究グループ
西山 尚典
南極から宇宙を測る 41
2017年6月14日(水) 気水圏研究グループ
東 久美子
南極と北極で氷を掘って過去の地球環境を探る 36
2017年7月29日(土) 国際北極環境研究センター
佐藤 和敏
北極の気象観測と日本の天気予報 29
2017年9月22日(金) 国際北極環境研究センター
榎本 浩之
北極と南極の海氷を探る 19
2017年10月27日(金) 気水圏研究グループ
NUERASIMUGULI ALIMASI
北極・南極の雪はいつ融ける?
─南極大陸での雪上車観測とアラスカでの航空機観測から─
24
2017年11月2日(木) 地圏研究グループ
本吉 洋一
南極最新事情 32
2017年11月22日(水) 宙空圏研究グループ
行松 彰
南極とオーロラ 15
2017年12月16日(土) 気水圏研究グループ
牛尾 収輝
南極の海で厚くなった氷-その長寿の謎を探る 36
2018年1月12日(金) 地圏研究グループ
藤井 昌和
地球の不思議:分裂する超大陸と拡大する海底 32
2018年2月23日(金) 生物圏研究グループ
高尾 信太郎
宇宙(そら)と海から探る南極海 34
2018年3月24日(土) 生物圏研究グループ
辻本 惠
クマムシ研究者、イギリスの南極基地でパンを焼く 22
2017年度 子ども向けイベント実施一覧
小学生(高学年)~中学生対象

テーマをクリックするとアンケート結果(PDF)をご覧いただけます。

日付 講師 タイトル
(クリックすると当日の様子がご覧になれます)
参加人数
(定員)
アンケート
2017年7月8日(土) 気水圏研究グル―プ
橋田 元
南極よろず研究者「Youはなぜ南極へ?」 18組35名
(20組)
2017年8月22日(金) 地圏研究グループ
今榮 直也
隕石研究者編「南極隕石の観察、地球の石とのちがい」 17組30名
(15組)
2017年12月26日(火) 生物圏研究グループ
高橋 晃周
生物研究者編「ペンギンの調査を体験しよう」 15組30名
(20組)
2018年1月13日(土) (広報室スタッフ) 南極・北極カルタ大会 16名
(定員なし)
 
2018年3月28日(水) 宙空圏研究グループ
高橋 透
極域のすごく高い空の研究者編 9組23名
(10組)

※PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない場合は右のアイコンをクリックして、ご使用のパソコン用のAdobe Readerをダウンロードしてご覧下さい。

イベント情報

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

国立極地研究所 南極・北極科学館
東京都立川市緑町10-3 (地図)
TEL:042-512-0910

開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
入場料:無料

南極・北極科学館パンフレット
 
ページの先頭へ