大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

9月12日サイエンスカフェ

キョクアジサシの平均寿命は?
キョクアジサシは北極と南極を一年間に一往復しています。
平均寿命を知るためには、いつ死んだのかが大切になりますが、移動距離や移動時間が長いことも影響し、それを調べることは現在の技術では難しい状況です。
しかし、特定の個体の寿命に関する調査結果はいくつかあります。
1974年、Hatchさんはキョクアジサシは30年以上生きると報告しています。スバールバルでは、1963年に目印を付けた雛が21年後に同じ場所で生存しているのが確認されています。
北極の蚊の産卵に血液が必要?
蚊については花の蜜もエサとなっているそうです。
北極のメスの蚊は、卵を産むために鳥や大型の動物の血を吸っています。
血を吸わなくても産卵できるものはいますが、産卵数はかなり少なくなるそうです。

みなさんからの質問より アーカイブ

もっと知りたいQ&A

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国立極地研究所 南極・北極科学館
東京都立川市緑町10-3 (地図)
TEL:042-512-0910

開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
入場料:無料

南極・北極科学館パンフレット
ページの先頭へ