戦略目標

4つの戦略目標と11の研究課題

北極域では、近年「新たな北極」と表現されるような著しい環境変化が進んでいますが、その変化が北極圏はもとより、我が国の社会・経済活動や日々の生活にも影響を及ぼすことがこれまでの研究から明らかとなりつつあります。北極域は脆弱な環境のもとでバランスしており、一端の変化により温暖化増幅のような複合的・連鎖的な変化を引き起こします。そのため、国内外の多くの研究機関と協力して、変わりゆく北極における持続可能な社会の実現を目的として、自然科学と工学、人文・社会科学にわたる11の研究課題の分野連携による研究によって環境変化の実態把握とプロセス解明を進め、その影響についての定量的な予測と対応策の検討を行います。

自然科学研究では日本の強みである高い技術を利用した測定データによって実態把握の精度を向上させて気候予測の高度化を目指し、社会利用にまで結び付けて行きます。この高精度な科学的データを根拠・裏付け情報として利用しながら法政策的な場での国際的発言力を高め、我が国の利益を追求するためだけではなく、国際協調を先導するポジションを目指します。また先住民社会の生活や文化の維持において日本の知見・技術を活用して環境変化への対応を可能とする活動の一翼を担うものです。

ArCS IIでは以下の4つの戦略目標を設定し、達成を目指します。

戦略目標①
先進的な観測システムを活用した北極環境変化の実態把握

冬に向かう北極海での海洋観測 写真/藤原 周(JAMSTEC)
 

統括役:青木 輝夫(国立極地研究所)

戦略目標②
気象気候予測の高度化

海氷下を伝搬する波浪(写真)、および夏季北極海の波浪シミュレーション結果(図) 写真・図版/野瀬毅彦(東京大学)

統括役:羽角 博康(海洋研究開発機構)

戦略目標③
北極域における自然環境の変化が人間社会に与える影響の評価

ようやく海氷が開いた7月、補給船の到着を待ちわびるグリーンランド・カナック村の人々 写真/杉山 慎(北海道大学)

統括役:杉山 慎(北海道大学)

戦略目標④
北極域の持続可能な利用のための研究成果の社会実装の試行・法政策的対応

国際会議の様子 写真/NIPR
 

統括役:西本 健太郎(国立極地研究所)

研究課題

ArCS IIでは、主要戦略目標以外との連携も念頭に置き、各研究課題と戦略目標が縦横に繋がりながら活動します。

主に貢献する
戦略目標
研究課題略称と研究課題代表者 研究課題正式名称
戦略目標① 大気課題
研究課題代表者:小池 真(東京大学)
北極大気環境研究
海洋課題
研究課題代表者:渡邉 英嗣(海洋研究開発機構)
北極海環境動態の解明と汎用データセットの構築
雪氷課題
研究課題代表者:青木 輝夫(国立極地研究所)
急激な温暖化に伴う雪氷圏変動の実態把握と変動メカニズムの解明
陸域課題
研究課題代表者:小林 秀樹(海洋研究開発機構)
陸域生態系と凍土・周氷河環境の統合観測による物質循環過程の解明
戦略目標② 遠隔影響課題
研究課題代表者:本田 明治(新潟大学)
気象気候の遠隔影響と予測可能性
気候予測課題
研究課題代表者:羽角 博康(東京大学)
気象気候予測と予測手法の高度化
戦略目標③ 社会文化課題
研究課題代表者:高倉 浩樹(東北大学)
温暖化する北極域から見るエネルギー資源と食に関わる人間の安全保障
北極航路課題
研究課題代表者:金野 祥久(工学院大学)
北極海の環境変動を考慮した持続可能な航路利用の探究
沿岸環境課題
研究課題代表者:杉山 慎(北海道大学)
北極域における沿岸環境の変化とその社会影響
戦略目標④ 国際法制度課題
研究課題代表者:柴田 明穂(神戸大学)
北極域の持続可能性を支える強靭な国際制度の設計と日本の貢献
国際政治課題
研究課題代表者:大西 富士夫(北海道大学)
複雑化する北極域政治の総合的解明と日本の北極政策への貢献