重点課題

研究活動を支える人材の育成と研究グループの強化が急務です。また、本プロジェクトで得られた学術的知見を迅速かつ分かりやすく社会や関係するステークホルダーに発信し、社会実装に資する情報提供を行う必要があります。そのため、重点課題として、①人材育成・研究力強化、②戦略的情報発信に取り組みます。政策対話コーディネーターと社会実装コーディネーターを置き、社会のニーズを把握して研究者とステークホルダーが連携できる仕組みを積極的に構築し、有益な成果創出を目指します。

重点課題① 人材育成・研究力強化

将来の我が国の北極研究を担う若手研究者や北極を巡る様々な課題の解決に貢献する若手人材を、海外の北極研究機関をはじめ観測や国際協議の現場に派遣し、海外交流の実経験を積む機会を提供します。また、この取り組みを組織的にも実施することにより、当該研究組織の国際的な研究力強化を促進します。これにより、海外の主要な北極研究機関と組織的、計画的、継続的に人的交流を進め、若手人材の安定したキャリアパスにつながる人材育成を実施します。また、若手研究者や大学院生に海外派遣の機会を提供するとともに、産官セクターに所属する若手実務者に対しても、国際会議での発表や情報収集、海外の産官学等の機関に滞在しての研究や交流を支援します。さらに、北極域研究に関する国際動向を踏まえ、プロジェクトのゴール達成に資する萌芽的・補完的な研究計画を公募により実施します。

特色や独創点、期待できる成果

海外交流研究力強化プログラムは、派遣者個人ではなく、研究室・研究グループ単位で海外の主要北極研究機関との人材交流を複数年にわたり計画的、組織的に実施し、当該グループの研究力強化を図るとともに国際研究ネットワークの形成を促進するものです。

若手人材海外派遣プログラムは、海外の研究機関や産官機関(研究基盤の利用も含む)における活動、北極域でのフィールド活動(各戦略目標に関連するものを含む)、国際会議やスクール等への参加など、若手の応募者本人が計画する自発的・自律的な海外渡航等を支援し、北極域に関連する国際的な場で活躍する人材を育成することを目指しています。

北極域研究加速に向けた研究計画の公募は、戦略目標の研究課題設定時に包含できなかった緊急性の高い課題や、挑戦的・萌芽的な研究課題を中心に、各戦略目標及びプロジェクトゴールの達成に向けた取り組みをサポートします。

重点課題② 戦略的情報発信

戦略的情報発信では、4つの戦略目標のもとに実施される各研究課題で得られる先進的な科学的知見をはじめ、社会への影響評価、国際的なルール形成に資する法政策対応などの学術的成果を国内外のステークホルダーにわかりやすく提供するとともに、社会実装の試行を促進する情報基盤としてプロジェクトゴールの達成に貢献していきます。こうした目的に向けて、以下の4つの取り組みを進めます。

特色や独創点、期待できる成果

北極環境統合情報WEBの構築と運用においては、国内外の多様なステークホルダーに向けて、本プロジェクトの研究成果をはじめ、国内外の研究機関による最新の成果や新たな知見、北極域の環境変化の実態、北極域を巡る政策・経済社会等の動向などに関する情報を統合的にアーカイブし、発信します。

北極海氷情報室では、北極海の海氷・波浪の予測情報を必要とするステークホルダー向けに作成・発信します。さらに、その有効性を確認するとともに、当該ステークホルダーからのフィードバックを研究側に提供することにより、社会実装の方法論を迅速かつ効率的に探ります。

教育・アウトリーチ活動により、北極を含む地球環境問題に関心を持つ人々の拡大を積極的に進めていきます。

専門家派遣・政策決定者への情報提供では、北極評議会をはじめ、北極に関する主要な国際会合に専門の研究者を派遣し、北極に関わる政策決定者に向けてタイムリーな情報提供や助言を行い、本プロジェクトが我が国の北極政策に対するシンクタンクの役割を果たすことを目指します。