AA南極域NOAAデータを利用した研究成果
現在の共同研究
研究課題 「南極リュツォ・ホルム湾周辺域の海氷分布とその変動」
研究代表者 牛尾 収輝、 極地研
詳  細
研究課題 「南極沿岸ポリニヤでの、AVHRRとSSM/Iによる氷厚・熱フラックス・海氷生産量の推定」
研究代表者 大島 慶一郎、 北大・低温研
詳  細
研究課題 「リュツォ・ホルム湾における定着氷厚のモニタリング及びその変動特性について」
研究代表者 宇都 正太郎、 海上技術安全研究所
詳  細
研究課題 「昭和基地で観測されるエアロゾル濃度と海氷分布の関係」
研究代表者 長田 和雄、名大院環境学
詳  細
講義・講演
  • 2004.06.16 山梨大学工学部特別講義
  • 2002.06.13 はたがや地球倶楽部「南極に広大な氷床がある理由を考える」
書 籍
  • 南極・北極の百科事典モ、2004、共著、丸善、518p、「衛星リモートセンシング;p.64」、「ブリザード;p.439」。
論文・報告文等
  • Shimada, H. and Kato, A. Preliminary report on a sighting survey of Antarctic minke whale within ice field conducted by the Ice Breaker, Shirase in 2004/2005. Paper SC/57/IA7 presented to the 57th IWC Scientific Committee, Jun 2005.
  • 宇都正太郎、下田春人、泉山耕、牛尾収輝、青木茂、橋田元、若林裕之、西尾文彦:船上観測データに基づく南極リュツォ・ホルム湾定着氷の夏季における氷厚及び積雪深分布特性について。南極資料, Vol.48,No.3, 165-179, 2004.
  • Ushio, S.:Sea ice variations in Lutzow-Holmbukta, Antarctica, derived from ice navigation log during the period of 1983-2002. Proceedings of the Fourteenth (2004) International Offshore and Polar Engineering Conference, 802-805, 2004.
  • 牛尾収輝:頻発する南極リュツォ・ホルム湾の海氷流出―1980年〜2003年の海氷状況から−.南極資料,47,338-348,2003.
  • 牛尾収輝:南極リュツォ・ホルム湾で発生する海氷の流出現象.月刊海洋,35,「海氷研究の最前線―衛星リモートセンシング・現地観測からのアプローチ―」,731-735,2003.
  • 牛尾収輝:海氷研究の現状と将来展望―南極リュツォ・ホルム湾の海氷変動機構の解明を目指して―.月刊海洋,35,「海氷研究の最前線―衛星リモートセンシング・現地観測からのアプローチ―」,675-680,2003.
  • Kadosaki,G., Yamanouchi,T. and Hirasawa,N., Temperature dependence of brightness temperature difference of AVHRR infrared split window channels in the Antarctic. Polar Meteorol. Glaciol., 16, 106-115, 2002.
  • Enomoto, H., F. Nishio, H. Warashina, and S. Ushio:Satellite observation of melting and break-up of fast ice in Lutzow-Holm Bay, East Antarctica. Polar Meteorology and Glaciology, No. 16, 1-14, 2002.
  • 平沢尚彦、改井洋樹、山内恭:昭和基地で再開されたNOAA衛星受信の概要と初期的成果。南極資料, Vol.46, No.1, 40-55, 2002.
  • Kuji,M, Kikuchi,N., Hirasawa,N. and Yamanouchi,T., A study of cloud variation over Antarctica using remote sensing data. Polar Meteorol. Glaciol., 15, 114-123, 2001.
  • Ohshima, K. I., T. Kawamura, T. Takizawa, S. Ushio, and T. Miyakawa, 2000,Current variability under landfast sea ice in Lutzow-Holm Bay, Antarctica. Journal of Geophysical Research, 105, 17,121-17,132.
  • Yamanouchi,T. and Hirasawa,N., Evaluation of AVHRR cloud detection at Dome Fuji Station, Antarctica. Polar Meteorol. Glaciol., 14, 110-116, 2000.
  • Hirasawa,N.. and Yamanouchi, T. (2000): NOAA AVHRR images received at Syowa Station, Antarctca in 1997. Data of Project on Atmospheric Circulation and Material Cycle in the Antarctic, Part 1. JARE Data Rep., 248 (Meteorol. 33), 216 pp., 2000.
  • 山内恭、平沢尚彦:南極氷床上の雲と放射収支。月刊海洋、32、327-332、2000.
  • Ushio, S., T. Takizawa, K. I. Ohshima, and T. Kawamura: Ice production and deep-water entrainment in shelf-break polynya off Enderby Land, Antarctica. Journal of Geophysical Research, 104, 29771-29780, 1999.
  • Fukamachi, Y., K. I. Ohshima, and T. Ishikawa, 1998, Mesoscale ice features in the summer Marginal Ice Zone off East Queen Maud Land observed from NOAA AVHRR imagery, Antarct. Res. Ser. 74, Antarctic Physical Processes, Interactions and Variability, edited by M.O. Jeffries, AGU, Washington, D.C., 317-324.
  • 牛尾収輝:漂流する巨大氷山誕生の謎.パリティ, 13, 6-13, 1998.
  • Ishikawa, T., J. Ukita, K. I. Ohshima, M. Wakatsuchi, T. Yamanouchi, and N.Ono, 1996, Coastal polynyas off East Queen Maud Land observed from NOAA AVHRR data. Journal of Oceanography, 52, 389-398.
口頭発表
  • Shimada, H. and Kato, A. Preliminary report on a sighting survey of Antarctic minke whale within ice field conducted by the Ice Breaker, Shirase in 2004/2005. High latitude sea ice environments: effects on cetacean abundance, distribution and ecology, Joint Symposium in IWC/SC. Ulsan, Republic of Korea. May 2005.
  • 門崎学(極地研)、山内恭・平沢尚彦(総研大・極地研):赤外マルチスペクトルを利用した南極域雲検出アルゴリズムの検証。気水圏シンポジウム、東京、12月、2004。
  • 門崎学(総研大)、山内 恭・平沢 尚彦(総研大・極地研):南極域の雲検出、及び雲と海氷の相互作用。日本気象学会春季大会。東京、5月、2004。
  • 田村岳史(北大院・地球環境)・大島慶一郎(北大・低温研)・二橋創平・Donald J. Cavalieri・Thorsten Markus(NASA・GSFC)・平沢尚彦(極地研):SSM/Iによる南極沿岸ポリニヤの氷厚推定アルゴリズムの開発。海洋学会、愛媛、9月、2004。
  • 田村岳史(北大院・地球環境) ・ 大島慶一郎(北大・低温研)・二橋創平(NASA・GSFC) ・ 平沢尚彦(極地研):南極沿岸ポリニヤでの、AVHRRとSSM/Iによる氷厚・熱フラックス・海氷生産量の推定。海洋学会、つくば、4月、2004。
  • 門崎学(総研大)、山内恭、平沢尚彦(総研大/極地研):衛星近赤外データを利用した南極域の雲検出。極域気水圏シンポジウム,26、 東京、11月、2003。
  • 牛尾収輝・鮎川勝:氷海航行記録から推定する南極リュツォ・ホルム湾の氷状変化.第26回極域気水圏シンポジウム,東京,2003年11月。
  • 牛尾収輝:「しらせ」砕氷航行データから見るリュツォ・ホルム湾の海氷変動.2003年度日本雪氷学会全国大会,上越,2003年10月。
  • 久慈誠(奈良女子大)、内山明博(気象研・気候)、平沢尚彦、山内恭(極地研):NOAA / HRPT データを用いた南極極夜域における雲識別の研究。日本気象学会春季大会、東京、5月、2003。
  • 牛尾収輝:リュツォ・ホルム湾の海氷流出と氷上積雪の年々変化.第25回極域気水圏シンポジウム,東京,2002年11月.
  • 門崎学(総研大)、山内恭、平沢尚彦(極地研):衛星データを用いた南極域における雲種雲量時系列変動の解析。極域気水圏シンポジウム,25、 東京、11月、2002。
  • 門崎学(総研大)、山内恭、平沢尚彦(極地研):南極域の海氷密接度とNOAA赤外2チャンネル間の輝度温度差。日本気象学会秋季大会、札幌、10月、2002。
  • 牛尾収輝:過去20年間にわたる南極リュツォ・ホルム湾の海氷流出とその要因.2002年度日本雪氷学会全国大会,山形,2002年10月.
  • 牛尾収輝:南極Riiser-Larsen半島先端に形成されるポリニアの水温構造.第24回極域気水圏シンポジウム,東京,2001年11月。
  • 門崎学、山内恭、平沢尚彦:ラジオゾンデデータに基づく晴天時赤外域スプリットウィンドウチャンネル輝度温度差の検証。極域気水圏シンポジウム,24、 東京、11月、2001。
  • 門崎学、山内恭、平沢尚彦:広域南極における衛星赤外線データからの機械的地表分類アルゴリズム作成と適応。極域気水圏シンポジウム,24、 東京、11月、2001。
  • Ushio, S.: Thermal structure of the coastal polynya formed off Riiser-Larsen Peninsula, Antarctica. 2nd International Conference on the Oceanography of the Ross Sea Antarctica イタリア,2001年10月.
  • 牛尾収輝:頻発する南極リュツォ・ホルム湾の海氷流出.2001年度日本雪氷学会全国大会,帯広,2001年10月.
  • 門崎学、山内恭、平沢尚彦:南極における晴天時NOAA赤外2チャンネル間の輝度温度差の要因に関する考察。日本気象学会秋季大会、岐阜、10月、2001。
  • 平沢尚彦(極地研)、改井洋樹(RESTEC)、岡田雅樹、山内恭(極地研):極域科学データベース上の南極NOAAデータベースの構築状況。国立極地研究所情報科学センター研究小集会「極域科学データライブラリと大規模シミュレーションによる極域科学のモデリングに関する研究小集会」、東京、9月28日、2001。
  • 門崎学、山内恭、平沢尚彦:南極内陸晴天域におけるNOAA14-AVHRRデータの見込み角及び、温度依存性の評価。極域気水圏シンポジウム,23、 東京、11月、2000。
  • 久慈誠・菊地信行・平沢尚彦・山内恭:リモートセンシングデータを用いた南極域における雲変動の研究。日本気象学会秋季大会、京都、10月、2000。
  • 門崎学・山内恭・平沢尚彦 :NOAA-AVHRRデータの見込み角・温度依存性に関する検証。日本気象学会秋季大会、京都、10月、2000。
  • Hirasawa,N. and T. Yamanouchi, Preliminary results of observation of longwave radiation at Dome Fuji station, Antarctica.
    IUGG XXII General Assembly, MI08:Radiation and clouds in polar regions, 22 July 1999.
  • Yamanouchi,T. and Hirasawa,N., Cloud climatology at the interior of Antarctica. IUGG XXII General Assembly, MI08
    :Radiation and clouds in polar regions, 22 July 1999.
  • 牛尾収輝・山内恭・高橋晃:1997−1998年南極リュツォ・ホルム湾の海氷流出について.第21回極域気水圏シンポジウム,東京,1998年11月.
  • 牛尾収輝・山内恭・高橋晃:1997年南極リュツォ・ホルム湾海氷の大規模流出. 1998年度日本雪氷学会,塩沢,1998年10月.
T O P