大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所


夏の企画展示

夏の企画展示
「のぞいてみよう!ペンギンワールド」

ペンギンの生態はどのくらい分かっているのでしょうか?
そして、それを調べるにはどうしたらいいのでしょうか。
まだまだ謎の多いペンギンについて、詳しくご紹介します!

  • 期間:2019年7月27日(土)〜9月28日(土)
  • 日時:毎週火曜日~土曜日 10:00〜17:00(最終入館16:30)
  • 休館日:日曜・月曜・祝日・8月15日(木)、8月16日(金)
  • 入場料:無料
  • 会場:南極・北極科学館
ペンギン研究者による質問コーナーも開催
研究者に直接質問してみよう!
  • 日程:8/7(水)、9(金)、14(水)、21(水)、23(金)、28(水)
    各回とも11:00〜(1時間程度)

※日程は予告なく変更になる場合があります。

サイエンスカフェ

サイエンスカフェは、飲み物を片手に、科学について気軽に語り合うイベントです。
皆様のご参加をお待ちしております。

南極隕石が教えてくれる太陽系の歴史

南極ではたくさんの隕石が見つかっています。
これらの隕石は、数百個の小惑星や彗星から来ています。隕石を研究することで太陽系の歴史を知ることができます。
隕石にかんする最新のトピックを紹介します

  • 日時:2019年8月30日(金) 18:30〜20:00
  • 講師:国立極地研究所 地圏研究グループ准教授 山口 亮
  • 場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
  • 参加費:無料
  • 申込:不要(直接会場にお越しください)
  • 定員:40名程度

次回は9月20日(金)を予定しています。

※イベントは予告無く変更となる場合があります。
※イベントの際に写真を撮影し、後日ホームページ等に掲載する場合がございます。予めご了承下さい。

北極域の海氷減少と北極海航路の利用

砕氷LNG船「VLADIMIR・RUSANOV」

北極域の平均海氷面積の変化

北極域の平均気温は、地球のほかの地域より早いスピードで上昇しています。それと同時に北極海の海氷面積も大幅に減少していますが、2つの現象の間にどんな関係があるかはっきりとは分かっていません。一方で、海氷減少にともない北極海航路(ロシア北岸の航路)を航行することが可能になり、海上輸送コストの大幅な削減につながると期待されています。今回は、この新しいルートを航行する際に有用な情報を提供をするための取り組みについて紹介します。

  • 日時:2019年9月20日(金) 18:30〜20:00
  • 講師:国立極地研究所 国際北極環境研究センター特任研究員 小山朋子
  • 場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
  • 参加費:無料
  • 申込:不要(直接会場にお越しください)
  • 定員:40名程度

次回は10月19日(土)を予定しています。

※イベントは予告無く変更となる場合があります。
※イベントの際に写真を撮影し、後日ホームページ等に掲載する場合がございます。予めご了承下さい。

2018年度のイベント報告

2018年度 サイエンスカフェ 実施一覧

テーマをクリックするとアンケート結果(PDF)をご覧いただけます。

日付 講師 タイトル
(クリックすると当日の様子がご覧になれます)
人数 アンケート
2018年4月21日(土) 宙空圏研究グループ
岡田 雅樹
第58次越冬隊の帰国報告 95
2018年5月19日(土) 地圏研究グループ
本吉 洋一
南極の石が語る地球の生い立ち 35
2018年6月22日(金) 宙空圏研究グループ
江尻 省
見てるのに見えないものを見る
~そらのリモートセンシング~
27
2018年7月20日(金) 地圏研究グループ
青山 雄一
南極で重力をはかりました
~それで何がわかるの?
30
2018年9月21日(金) 地圏研究グループ
菅沼 悠介
地質時代に日本の地名が刻まれるか? 千葉時代(チバニアン)国際模式地認定への展望 27
2018年10月19日(金) 生物圏研究グループ
金子 亮
北極で微生物をしらべてます 13
2018年11月9日(金) 気水圏研究グループ
當房 豊
北極圏上空に浮かんでいる微粒子と雲の話 5
2018年11月30日(金) 元 帯広畜産大
武田 一夫
植物シモバシラが魅せる氷の世界 37
2018年12月22日(土) 国際北極環境研究センター
宮岡 宏
聖夜のオーロラ物語 67
2019年2月15日(金) 気水圏研究グループ
大藪 幾美
地球のタイムカプセル
〜3000mアイスコアからのメッセージ
19
2019年3月8日(金) 生物圏研究グループ
國分 亙彦
南極で見てきたアザラシの生活 28
2018年度 子ども向けイベント実施一覧
小学生(高学年)~中学生対象

テーマをクリックするとアンケート結果(PDF)をご覧いただけます。

日付 講師 タイトル
(クリックすると当日の様子がご覧になれます)
参加人数(定員) アンケート
2018年7月26日(木) 宙空圏研究グループ
田中 良昌
オーロラを推理する 23名(15名)
2018年8月21日(火) 気水圏研究グループ
中澤 文男
南極の氷から気候を復元するって? 16名(10名)
2018年12月26日(水) 地圏研究グループ
三浦 英樹
南極の風景がもつメッセージを読む
—地形の見方・考え方・楽しみ方−
14名(10名)
2019年3月28日(木) 生物圏研究グループ
塩見 こずえ
ペンギンの調査を体験しよう 11名(15名)

※PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない場合は右のアイコンをクリックして、ご使用のパソコン用のAdobe Readerをダウンロードしてご覧下さい。

イベント情報

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

国立極地研究所 南極・北極科学館
東京都立川市緑町10-3 (地図)
TEL:042-512-0910

開館日時:毎週火曜日 〜 土曜日
10:00 〜 17:00(最終入館16:30)
入場料:無料

南極・北極科学館パンフレット
 
ページの先頭へ