大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南極観測のホームページ

昭和基地NOW!!

夜がはじまるところ

2017年4月14日

写真中央(やや左より)の地平線に見えている、やや暗い部分が地球影。

夜がはじまるところをじっくりと見たことがありますか?

夏のあいだ、昭和基地では太陽の沈まない「白夜」になります。
今年、昭和基地で初めて太陽が沈んだのは、1月21日の00:03。ですが、約1時間後の01:08には太陽が昇ってきてしまいました。この時期、沈んだ太陽は地平線のすぐ下を通っているので、太陽が沈んでも夕方のような明るさがずっと続き、そのまままた太陽が昇るので、「夜」という感覚はありません。ところが、5月の末になると、今度は太陽が昇らない「極夜」に入ります。

今年、極夜前に最後に太陽が昇るのは5月30日の12:06。約30分後の12:32には太陽が沈んでしまい、7月13日の12:07まで太陽は昇ってきません。たった4ヶ月ちょっとのあいだに昼間の長さが24時間からゼロになるので、びっくりするほどの速さで夜が長くなっていきます。よく晴れた日、太陽が地平線の下に沈み、夜が近づいてくると、太陽が沈んだのとは反対の方向に、「地球影(ちきゅうえい)」が見え始めます。これは地球の影の部分、つまり、夜です。

この影の部分がだんだん上に伸びてきて、空全体に広がると、暗くなって「夜」になります。日本ではあまり気にすることのない「夜のはじまり」ですが、南極では、太陽のありがたみとともに、「夜」を実感することがよくあります。あと一ヶ月半ほどで長い夜に入る昭和基地。数少ない晴れた日には、急ピッチで極夜入りの準備が進められています。

2017年4月14日の気象情報

天気 日の出 日の入 最高気温 最低気温 最大風速
晴れ 7:54 16:48 -8.5℃ -22.1℃ 10.9m/s

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3