大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

研究所案内 研究所概要

沿革

国立極地研究所の歩み

1959(昭和34)年12月 「南極条約」に調印
1961(昭和36)年5月 日本学術会議が「極地研究所(仮称)」の設置を政府に勧告
(1962(昭和37)年4月) (国立科学博物館に「極地学課」設置)
(1970(昭和45)年4月) (「極地学課」が「極地観測センター」に)
1973(昭和48)年9月 国立極地研究所創設(29日)
1993(平成5)年4月 総合研究大学院大学の基盤機関となる

1998(平成10)年7月

「南極地域の環境の保護に関する法律」発効
2004(平成16)年4月 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立極地研究所発足
2009(平成21)年5月 立川市の新キャンパスに移転
2010(平成22)年7月 国立極地研究所南極・北極科学館を開館

南極観測の歩み

1912(明治45)年1月 白瀬南極探検隊南緯80度に到達
1956(昭和31)年11月 第1次隊「宗谷」で出発
1957(昭和32)年1月 「昭和基地」開設
1962(昭和37)年2月 昭和基地一時閉鎖
1965(昭和40)年11月 観測船「ふじ」就航
1966(昭和41)年1月 昭和基地再開
1969(昭和44)年2月 南極点往復旅行達成
1969(昭和44)年12月 南極隕石の初発見
1970(昭和45)年2月 初のロケット観測
1970(昭和45)年6月 「みずほ基地」開設
1979(昭和54)年10月 南極隕石を大量採集
1982(昭和57)年10月 オゾンホールを発見
1983(昭和58)年11月 観測船「しらせ」就航
1985(昭和60)年3月 「あすか基地」開設
1989(平成1)年2月 多目的アンテナ設置
1995(平成7)年2月 「ドームふじ基地」開設
1996(平成6)年12月 氷床深層掘削2,503m
1999(平成11)年1月 南極隕石大量に採集
2001(平成13)年1月 南極隕石大量に採集
2002(平成14)年2月 専用船を加え南大洋海洋観測
2004(平成16)年2月 インテルサット回線設置
2005(平成17)年1月 大陸上に航空機観測拠点を設置
2007(平成19)年1月 氷床深層掘削3,035m
2009(平成21)年11月 新「しらせ」就航
2011(平成23)年3月 南極大型大気レーダー(PANSY)初観測

北極観測の歩み

1990(平成2)年6月 北極圏環境研究センター設置
1991(平成3)年 ニーオルスン基地開設
1992(平成4)年 国際北極科学委員会(IASC)加盟
1996(平成8)年4月 欧州非干渉散乱レーダ(EISCAT)加盟
1998(平成10)年3月 日独北極圏航空機観測
2004(平成16)年4月 北極観測センターの改組
2008(平成20)年4月 北グリーンランド氷床深層掘削(NEEM)開始
2011(平成23)年7月 グリーン・ネットワーク・オブ・エクセレンス(GRENE)事業(北極気候変動分野)
2015(平成27)年4月 国際北極環境研究センターへ改組
北極科学サミット週間(ASSW)2015を富山で開催
2015(平成27)年 北極域研究推進プロジェクト(ArCS)の実施機関として活動
ページの先頭へ