AANOAA衛星 POES
昭和基地NOAA Topページへ 昭和基地衛星受信のページへ
はじめに
ここでは、米国の海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration :NOAA )が運営している極軌道環境衛星(Polar Operational Environmental Satellite :POES)を NOAA衛星と呼ぶ。
NOAAのホームページ:www.nesdis.noaa.gov/satellites.html
センサーの概要
AVHRR Advanced Very High Resolution Radiometer
(改良型高解像度放射計:水平分解能 約1.1km:観測幅 約2700km)
例:AVHRR/3(NOAA-15に搭載)のセンサー仕様
チャンネル :波長   :主な利用目的
ch1 :0.58-0.68μm :日中の雲と地表
ch2 :0.725-1.00μm :陸面と水面の境界
ch3A :1.58-1.64μm :雪面と雲面の検出
ch3B :3.55-3.93μm :夜間の雲と海表面温度
ch4 :10.30-11.30μm :夜間の雲と海表面温度
ch5 :11.50-12.50μ :海表面温度
TOVS Tiros Operational Sounder
昭和基地受信衛星の詳細(2004年3月現在)
現在の受信方針
 夏期(11月-2月):6〜8パス/日
 冬期(3月-10月):3パス/日
衛星の周回 
衛星 NOAA-11 NOAA-12 NOAA-14 NOAA-15 NOAA-16 NOAA-17
時刻(#1) 2302 1643 1921 1841 1408 2218
ステータス PMstandby AMstandby AMstandby AMbackup PMprimary AMprimary
高度 841 km 805 km 845 km 808 km 850 km 812 km

 (#1) 時刻は衛星が北向き軌道の時に赤道を横切る時の地方時
(the ascending node time) として示される。
昭和基地における受信領域と時刻の関係の例
 図にはNOAA-14について示す。
データの公開
研究用データ
受信した全てのAVHRR生データは極地研究所極域総合データベース:POLARISにアーカイブされている。また、標準的な処理を行ったデータもPOLARISに収録されている。データ利用については、昭和基地NOAA受信プロジェクトのルールに沿って行っている。
NOAAデータを扱った共同研究のために、受信全パスをカバーする研究用検索システムが用意されている。
昭和基地受信研究用NOAAデータ利用についてのお問い合わせは、
 
宛てにお願いいたします。
一般閲覧用画像利用の皆様へ
  大よそ1シーン/日の頻度で選択したAVHRR画像を閲覧用として提供しています。
一般用検索システムからご利用ください。
このデータはホームページ上の閲覧を目的としたものです。画像を使った発表や出版などの利用については以下にお問い合わせください。また、教育活動への利用について歓迎いたします(利用日時、場所について以下の連絡先にお知らせください)。
昭和基地受信一般閲覧用NOAA画像利用についてのお問い合わせは、
 
宛てにお願いいたします。
T O P