大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所ホーム>共同利用・共同研究>センターの紹介>南極観測センター

共同利用・共同研究 センターの紹介

南極観測センター

日本と世界の南極観測を結ぶ架け橋

センター長 野木義史

南極観測センターは、南極観測事業の中核機関としての機能を最大限に発揮するために、教員と事務系・技術系職員の融合組織として、2009年4月に組織改編しました。毎年、南極観測隊を派遣するにあたって、観測計画や企画にかかる国内外の研究者との連絡調整、附属施設である昭和基地他の維持、観測隊の編成や訓練、輸送、安全や環境保全対策などを行っています。

ドームふじ基地

観測隊の編成においては、南極観測が国際プロジェクトとして行われていることから外国人研究者も同行します。特にアジア諸国との連携を深めておりアジア極地科学フォーラム(AFoPS:AsianForumforPolarScience)を結成し、情報交換や研究者交流を行なっています。

最近の10年間で南極への輸送、アクセス手段は大きく変化し、南極観測船「しらせ」の他に南極で観測を行っているいくつかの国が共同飛行機をチャーターするドロンイングモードランド航空網(DROMLAN:Dronning Maud Land Air Network)や「海鷹丸」といった海洋調査船との連携によるものが加わり多様な対応を行っています。

昭和基地

1957年1月、第1次南極観測隊により、リュツォ・ホルム湾にある東オングル島に開設。現在は、世界の気象観測網の拠点にもなっており、約30名の隊員が1年間観測活動を行う主要基地として、半世紀を超えて維持、管理、運用を続けています。

位置:南緯69度00分19秒、東経39度34分52秒
平均気温:-10.5℃
最低気温:-45.3℃(1982年9月)
天測点標高:29.18m

ドームふじ基地

1995年1月、昭和基地の南約1000kmに位置するドロンイングモードランド地域の氷床最後部に氷床深層掘削の拠点として開設。深さ3035mまでの氷床コア採取に成功後は、通年滞在を中止しています。

位置:南緯77度19分01秒、東経39度42分12秒
平均気温:-54.4℃(1995年〜1997年)
最低気温:-79.7℃(1996年5月、1997年7月)
天測点標高:3,810m

みずほ基地

1970年7月、昭和基地の南東約270kmに位置するみずほ高原氷床上に開設。現在は無人観測基地及び内陸への中継点となっています。

位置:南緯70度41分53秒、東経44度19分54秒

あすか基地

1985年3月、昭和基地の西南西670kmに位置するドロンイングモードランド地域の氷床上に開設。
現在は閉鎖中です。

位置:南緯71度31分34秒、東経24度08分17秒

昭和基地

ページの先頭へ