大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所ホーム>共同利用・共同研究>センターの紹介>国際北極環境研究センター

共同利用・共同研究 センターの紹介

国際北極環境研究センター

日本と世界の北極研究の架け橋

センター長 榎本浩之

当センターは、北極圏の海氷・海洋、雪氷、海洋生態、陸上生態、大気、超高層大気の研究推進をめざし、1990年6月、国立極地研究所に北極圏環境研究センターとして設置され、2004年4月より北極観測センターとして活動してきました。北極をとりまく国際動向に戦略的に対応して研究・観測を実施し、研究企画力を強化するため、2015年4月、「国際北極環境研究センター」に改組しました。同年9月からは北極域研究推進プロジェクト(ArCS: Arctic Challenge for Sustainability)を展開しています。

センターでは、北極に関する共同研究の推進や研究者コミュニティへの情報提供とともに北極圏の主要な機関とのあいだで共同利用施設の整備や拡大、国際共同観測への機会提供を進めています。

共同利用施設

ニーオルスン基地を始め、スバールバル大学(UNIS)やアラスカ大学国際北極圏研究センター(IARC)のオフィス、グリーンランド天然資源研究所(GINR)の施設、ロシアではスパスカヤパット観測拠点が使えます。また今後、カナダをはじめとして整備の拡大が予定されています。

国際共同観測

アイスランドと南極昭和基地とのオーロラ共役点観測や欧州非干渉散乱(EISCAT)レーダー実験、東グリーンランド氷床コアプロジェクト(EGRIP)、ラバル大学北方研究センター(CEN)等と共同観測を実施し、研究者の参加を受け入れています。

北極域研究共同推進拠点(J-ARC Net: Japan Arctic Research Network Center)

2016年4月より、当センターと北海道大学北極域研究センター、海洋研究開発機構北極環境変動総合研究センターによる「北極域研究共同推進拠点」を実施しています。北極域における環境と人間の相互作用の解明に向けた異分野連携、産学官連携により課題解決に資する研究の進展を図る取組みの中で、当センターで管理している共同利用施設を観測拠点として提供します。

北極環境研究コンソーシアム(JCAR: Japan Consortium for Arctic Environmental Research)

2011年5月に北極環境研究者のネットワーク組織「北極環境研究コンソーシアム」が設立され、同事務局は当センターに設置されています。JCARは日本の北極環境研究の今後10~20年にわたる『北極環境研究の長期構想』(http://www.jcar.org/longterm/)を作成のほか、国内外の委員会情報の収集・紹介や研究推進に関する意見交換、人材育成支援、北極環境に関する情報収集、北極環境研究の広報・普及などを行っています。2015年には「北極科学サミット週間(ASSW)2015」を共催で支援し、2018年1月には第5回国際北極研究シンポジウムを主催します。

ニーオルスン基地

スバールバル諸島スピッツベルゲン島ニーオルスン(北緯79度、東経12度)。1991年1月にノルウェー極地研究所と既存施設の利用に関する合意書を交わし、観測拠点として整備しました。ニーオルスンの国際的な共同観測体制により、雲、エアロゾル、放射、温室効果ガス、植生の分布や生態系の観測などが実施されています。

ニーオルスン基地

ページの先頭へ