研究基盤

国立極地研究所、海洋研究開発機構、北海道大学と宇宙航空研究開発機構が保有する設備・施設を中心に各研究を支える研究基盤を用意します。

国際連携拠点

ArCS IIにおける国際共同研究ならびに人材育成等の基盤として、国立極地研究所と海洋研究開発機構が北極圏国の研究機関と提携して運用・維持している観測施設を国際連携拠点として提供します。

国際連携拠点の整備・運用計画

観測船

北極海の海洋環境変化や海洋生態系調査や教育・アウトリーチ活動の手段として、海洋研究開発機構の海洋地球研究船「みらい」や北海道大学の練習船「おしょろ丸」を利用します。

地球観測衛星データ

北極域を時空間的に幅広くカバーできる衛星観測の強みを活かし、海洋、陸域、生態系、雪氷圏などの観測データの充実化に向け、宇宙航空研究開発機構の地球観測衛星データを取りまとめ、利用しやすい形にして提供します。

北極域データアーカイブシステム(ADS)

北極域で取得された研究データの収集・管理・公開を一元的に進め、北極域研究の「オープンサイエンス」基盤の開発、北極域研究の「ビッグデータ」の国内外の相互流通を推進するため、国立極地研究所が運用する北極域データアーカイブシステムを利用し、充実を目指します。