5年一貫制博士課程
2023年4月入学試験案内
(学部卒業者)
5year Integrated Doctoral Program

※5年一貫制の2次募集は行いません

【重要】2023年度入学者選抜について
総合研究大学院大学は、2023年度より研究科の再編を検討しています。このことに伴い、2022年度に実施する極域科学専攻の2023年度入学者選抜(2023年4月入学または2023年10月入学)のスケジュールが変更になる予定です。本件詳細やその他情報については決まり次第、総合研究大学院大学ホームページ(https://www.soken.ac.jp)及び本専攻Webページにてお知らせいたしますので、随時ご確認ください。

本専攻に入学を希望される方は、学生募集要項(2022年8月下旬以降に配布予定)、本専攻パンフレット及び本専攻Webページにおいて、本専攻の概要、授業科目、各教員の教育研究内容をよく確認してください。また、出願書類提出前に入学後の志望研究内容等について、志望する指導教員と相談されることを推奨します。

※正式な内容及び詳細は学生募集要項(2022年8月下旬以降に公表予定)で確認してください。

出願資格

出願できる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

    【出願資格認定審査を要しない者】
  1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)第83条に定める大学を卒業した者及び入学の前月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法第104条第7項の規定により学士の学位を授与された者及び入学の前月までに学士の学位を授与される見込みの者 ※1
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び入学の前月までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び入学の前月までに修了見込みの者
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び入学の前月までに修了見込みの者
  6. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者及び入学の前月までに学士の学位に相当する学位を授与される見込みの者
  7. 学校教育法施行規則第155条第1項第5号の規定により、文部科学大臣が別に指定する専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)を文部科学大臣が定める日以降に修了した者及び入学の前月までに修了する見込みの者
  8. 学校教育法施行規則第155条第1項第6号の規定により、文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)※2
  9. 【出願資格認定審査を要する者】
  10. 次のいずれかに該当するものであって、本学において、所定の単位を優秀な成績で修得したと認めたもの

    (1)入学の前月末日で外国において学校教育における15年の課程を修了した者

    (2)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程を修了した者

    (3)我が国において外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者

  11. 入学の前月末日で学校教育法第83条に定める大学に3年以上在学した者であって、本学において、当該大学の所定の単位を優秀な成績で修得したと認めたもの
  12. 学校教育法第102条第2項の規定により他の大学院に入学した者であって、当該者をその後に入学させる本学において、大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの
  13. 本学において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、入学の前月末日までに22歳に達しているもの ※3

※1 出願資格②に該当する者とは、大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者及び授与される見込みの者になります。

※2 出願資格⑧に該当する者とは、旧大学令による大学、各省庁組織令・設置法による大学校等を卒業した者及び卒業見込みの者になります。

※3 出願資格⑫に該当する者とは、短大・高専・専修学校・各種学校の卒業者、外国大学日本校、外国人学校その他の教育施設の修了者(見込みを含む)で、個人の能力の個別審査により、本学において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者等になります。

出願資格について疑問がある場合は、あらかじめ総合研究大学院大学学務課学生係〔E-mail:gakusei@ml.soken.ac.jp又は 電話 046-858-1525・1526〕に照会してください。

願書受付期間

2022年9月中旬~10月上旬まで

※上記日程は予定であり、今後変更となることがあります。

試験日

2022年10月下旬~11月上旬に筆記試験及び面接試験を実施

※上記日程は予定であり、今後変更となることがあります。

出願に必要な書類等

入学願書、検定料(30,000円)、成績証明書、卒業(見込)証明書、志望理由書、英語外部検定試験のスコア、その他

選抜方法

入学者選抜は書類及び面接審査、筆記試験により行います。1日目に筆記試験を行い、2日目に面接を行います。試験は日本語により実施します。

(1)書類及び面接審査

志望理由書(別紙様式2)、論文、報告書等研究能力を示す資料、学部等の成績証明書、及び面接により行います。
志望理由書には、(1)本専攻を志望する理由、(2)どのような研究に関心があるか、(3)自分の持っている知識や能力がどのようにその研究に生かされると思うかについて、2,000字程度で記載してください。面接については、出願者による志望理由説明ののち質疑応答を行います。面接時間は質疑応答を含めて20分程度です。志望理由説明の際、プロジェクター等の機器を使用することはできませんが、A4用紙1頁までの配布資料を用いることができます。

(2)筆記試験

小論文及び専門科目により行います。
専門科目の試験は、物理学分野、化学分野、生物学分野、地球科学分野から各3題の計12題出題します。そのうち3題を選択して解答してください。1分野から3題選択しても、複数分野から3題選択しても構いません。試験時間は小論文は60分、専門科目は120分です。

(3)英語スコア

TOEFLまたはTOEICのどちらかひとつのスコアシートを提出してください。
本専攻ではこれをもって英語能力を判断します。

合否判定基準

書類及び面接審査と筆記試験等の結果を総合的に判断し、合否判定を行います。

上記に関するお問い合わせ・学生募集要項請求先

〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
情報・システム研究機構 本部事務局 立川共通事務部 総務課 大学院係
TEL:050-5533-8645
E-MAIL:sokendai-kyokuiki@t.rois.ac.jp