大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所

国立極地研究所ホーム>共同利用・共同研究>センターの紹介>アイスコア研究センター

共同利用・共同研究 センターの紹介

アイスコア研究センター

地球環境変動の歴史を
アイスコアから明らかにします

センター長 東久美子

極地の氷床や氷河は過去の長年の積雪が積み重なってできています。そこで掘削・採取される柱状の氷であるアイスコアは、過去に積雪があったときの大気中の成分、気温や降水、海洋環境、陸域環境、さらには宇宙環境などの情報を、現在から100万年規模の過去にわたる時間規模で含んでいます。こうした広範で詳細な環境変動情報は、アイスコアのみが供給できるものです。地球の温暖化がすすむ現在、地球気候システムを理解し将来予測をするうえで、アイスコアから供給される情報の重要度が極めて大きくなりました。アイスコア研究センターは、国内外の共同研究をおこなう日本の軸としてアイスコア研究を総合的に推進する目的で設置されました。

高度なアイスコア掘削技術

本研究所は世界最先端の氷床深層掘削技術を有します。南極氷床内陸に建設したドームふじ基地にて2度にわたる深層掘削を実施し、72万年をカバーするアイスコア掘削に成功してきました。さらに様々な深さと年代をもつアイスコアの掘削を地球上の各地で実施してきました。

解明する過去の環境変動現象

アイスコアの解析からは、地球上の様々な環境変動の現象を時系列データや空間分布データとして明らかにできます。温室効果ガスである二酸化炭素・メタンガスなどの変遷、水などの物質循環・物質輸送に関する情報、大気循環、海洋循環の変化、大気中のエアロゾルや微粒子、地球上の火山爆発の歴史、氷床変動の歴史などが含まれます。

各地で掘削するアイスコア、それに低温設備

当センターでは極地の氷床や氷河で掘削された様々なアイスコアや積雪資試料の管理と分析、及び資試料の共同利用への提供、低温室の共同利用等の業務を推進しています。低温室設備には、南極で掘削されたドームふじ深層コアや内陸域及び沿岸域の浅層コア、グリーンランドで掘削された深層コア、北極域で掘削された浅層コア、南極や北極の積雪等の資試料を整理して低温状態で保管しています。各地で掘削されたアイスコアの分析から、環境変動現象の地球規模での空間分布や時間的つながりを把握することが可能になります。

解析技術の開発・普及・交流

当センターでは、アイスコアの解析を非常に広範な技術を用いてすすめています。コア切断・加工・前処理技術、融解技術、各種ガス分析、酸素・水素同位体の分析、イオン分析、固体微粒子解析、トリチウム分析、結晶物理解析などで、世界オンリーワンと呼べる技術も多く含みます。近年は、高分解能連続解析技術が国際的に著しい進歩を遂げています。私達は、高度な分析技術の開発と実用化を実施し、国内外研究機関との技術交流および普及をはかっています。

共同研究と大学院教育

当センターは、国内外の研究機関や研究者との協力・連携を総合的に推進していきます。極地の氷床や氷河に遠征してのアイスコアの採取・アイスコアの管理維持・分析作業・データ検討・アウトプットのそれぞれでエフォートを分担するような共同研究を期待します。こうした研究活動に興味のある学生による見学を歓迎します。

ページの先頭へ