Arctic Environment Research Center

ホーム>共同利用>スパスカヤパッド観測拠点

スパスカヤパッド観測拠点

ロシア科学アカデミー北方圏生物問題研究所(IBPC)が所有・管理するスパスカヤパッド研究林(北緯62°14'、東経129°37')は、東シベリア・レナ川中流域の永久凍土地帯に位置し、国際共同研究の観測の拠点として利用されています。スパスカヤパッド観測拠点の周辺は自然のカラマツ林があり、その周辺にはアカマツ林やカンバ林が散在します。最大15名程度が滞在可能な宿泊施設や、基本的な機器、ドライオーブンなどを備えた実験施設などの設備があり、通年利用が可能です。

観測タワー

カラマツ実験林には各種気象学関連機器および渦相関システムを備えた32mの観測タワーが設置されており、アカマツ実験林にも過去に気象観測を行っていた24mの観測タワーが設置されています(現在は観測を行っておりません)。

観測データ

基本気象観測データ(2000-2013)は寒冷圏データアーカイブパートナシップ(CrDAP:Cryosphere Data Archive Partnership)より取得可能です。

ビザ

日本国籍の方がロシアに入国するためには、ビザを取得する必要があります。ビザ取得のためには、ロシア共同研究機関が発行する招待状が必要となりますので、二ヵ月程度の余裕をもって、取得手続きを開始することをお勧めします。

スパスカヤパッド観測拠点の利用に関するお問い合わせ

利用を希望する方は「施設利用申請」と「利用者調査票」をダウンロードのうえ、必要事項を記入してご提出ください。

申請・問合せ先:国際北極環境研究センター aerc-kikaku@nipr.ac.jp

スパスカヤパッド観測所管理棟

スパスカヤパッド宿泊・食事棟

カラマツ観測タワー

アカマツ観測タワー

大学共同利用法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所 国際北極環境研究センター
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3 (交通アクセス) / E-mail:aerc-kikaku@nipr.ac.jp